FC2ブログ

独身リーマン&猫一匹




愉気(ゆき) :: 2020/06/16(Tue)

最近のカムイのブームは「愉気」だ。



IMG_5682.jpg


しかし、相変わらず血管の目立つ手だな。我ながら気持ち悪い…(´ω`人)



愉気をWikipediaで検索してみた。

「愉気」とは、野口整体において、掌(てのひら)から「気」を集注(集め注ぐ)ことにより、体に内蔵されている本能的な自然治癒の力を呼び起こし、体の中の働きを高め、元気を呼び覚ます方法である。 愉気はもともと、気を輸る(送る)という意味であり、「輸気」と表記されていた。



以前、公民館で月1回通っていた気功教室でかじったのが愉気だ。

この教室は誰でも500円で参加できて、事前連絡の必要もなく、当日に気が向いたら参加すればいいという気楽さがあった。
だから、事前に誰が参加するかも分からず、下手したら自分1人(と先生)なんて可能性もあったのだが、意外とそういったケースはなかった(ただし、生徒2人ということはあった)。


男女比率でいえば7:3で女性優位といった感じであったが、毎回その中でペアになって愉気をすることがあり、相手のお腹や顔に手をあてがったりした。

愉気とは違うが、時には相手の脇腹をつまむなどという荒業もあり、そこそこ年端のいった女性であれば、自虐的に自身の脇腹の贅肉をネタにしていたが、もう少し若い恥じらいのある女性などは、はじめて参加したその教室で、初対面の男に脇腹をつままれて面くらっているような感じがあった。つまむこっちも面くらったし。

そんな教室も昨年末には終了した。その直後からコロナが蔓延したので、続いていたとしても結局休止となっていたろうから、ちょうどいいタイミングではあった。


いきなり初対面の相手の脇腹をつまみ合うなどと聞くと、ちょっとやばい教室と思われるだろうが(人に話すと、たいてい「何それ、怪しい」などと言われる)、その先生は若いのにとても熱心で気さく、このようにネタにはしてしまったが、もしその先生が万に一の確率でもこのブログを見た時のために弁解しておくと、とてもいい経験をさせてもらって感謝といったところだ。

願わくばあの教室がまだ続いていればとも思うし、また再開する気になったらぜひまた参加するので、どうぞよろしく。




先生の教えに倣い、私も立派な愉気師になりましたぞ(笑)


IMG_5683.jpg


まぁ、単に相手に手を当てて、呼吸を合わせるというだけのことなんだけど。

この時に、相手に気を送ってやろうとか気張ってはいけず、ポカーンとした気持ちで相手と呼吸を合わせるだけでいい、といつも先生は言っていた。




IMG_5685.jpg



ポカーンとした気持ちはカムイにも伝わったようで、カムイもポカーンとしている(笑)

当然だが、いけとし生けるもの全てに気はあるのだから、愉気も対人間用だけではないだろう。





IMG_5684.jpg



家ではしょっちゅうPC作業をしているのだが、あまりPCに向かっていると、足下からカムイの鳴き声が聞こえてきて、「どうした、飯か?」と器を見ればまだ残っている。


果たして撫で撫でからの愉気コースを要求しているというわけだ。




IMG_5686.jpg



カムイは気持ちがいい時ピーンと足を伸ばすのだが、それがまた飼い主の心をくすぐる。



皆さんも、ぜひ愛猫に愉気をやってみてはいかがだろうか?




人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

ポチッと押してもらえると更新の励みになります!
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
カムイの新たなフード :: 2020/06/08(Mon)

緊急事態宣言が解除されて、通常の週末が戻りつつある。

すなわち、コロナ以前の自分は毎週のようにどこかの公園や神社などにでかけていた。

久々の今回はさてどこへ行こうか?となったが、新緑の美しい季節であるし、それでいてそこまで混みあわないところということで、立川にある緑道に赴いた。


s-IMG_5659.jpg


水と緑のコントラストが何とも癒しな場所だ。



s-IMG_5662.jpg


カワセミのための止まり木が用意されていて、カメラマンたちの絶好の撮影ポイントもある。

しかし、この日はまださすがにカメラマンの数も少なく、その上、ソーシャルディスタンスを心掛けているようだった。去年、ここを訪れた時は、それこそ密密だったからね。

そして、カワセミも気を利かせたのか(?)、その姿を現すことなく、カメラマンたちも一人また一人と撮影を諦め、去っていく姿が目に付いた。



さて、話は一転するが、先日、コメント欄で教えてもらったカムイのフードの試供品が届いたので与えてみた。


s-IMG_5652.jpg


試供品とはいえ結構な量があって驚いた。



s-IMG_5650.jpg


しかし、こうした使用者の使って良かったコメントのたぐいがあると、なんだか胡散臭く感じてしまう。

BSの通販番組で紹介する、例えば腹筋マシーン。めちゃくちゃお腹がでぶでぶだった人の3週間後の引き締まったお腹を見せつつ、「これをやっていただけでこんなに引き締まりました」みたいなあの胡散臭さ。

このパッケージのモデル風の写真を見ると、あぁサクラね、といぶかしんでしまうのだ



s-IMG_5668.jpg
s-IMG_5669.jpg
s-IMG_5670.jpg
s-IMG_5667.jpg


しかし、冊子を読んでみると、その内容はかなり良さそうなものだった。原材料も文句なしで、質もヒューマングレートというのだから安心だ。



s-IMG_5646.jpg


こうなってくると、カムイが食べてくれるかが問題だが、あっさり食べてくれたので、これはこのまま継続してもいいかなと思っている。

写真は、余は満足じゃと食後に飼い主の膝の上でくつろぐカムイ。


何も申請しなければ、そのまま定期購入に繫がるのだそうだ(いい意味で抜かりないね)。

今まで与えていた「ジャガー」に加えて、この「レガリエ」をブレンドしたり、交互にやっていこう。

花まつりさん、この素晴らしいフードを教えてくれてありがとうございました。




人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

ポチッと押してもらえると更新の励みになります
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
最後の収穫に向けて :: 2020/06/02(Tue)

今年8月で契約の終わる畑の最後の収穫物となるであろうナスとピーマン。



s-IMG_5634.jpg


苗を植えてからほったらかしにしていたが、いつのまに実がなっていた。



s-IMG_5635.jpg


他の区画の方の苗を見ると、どうやらうちのが一番でかいようだ。

そんなに丹念にお世話しているつもりはないので、これはラッキー!なんて思っていたが、その後、育成ハンドブックを読んだところ、最初の実は早めに摘んでしまわないと、そこに養分を取られてしまい、幹が育たないと書かれていた。きっと他の方はとっくに一番目の実は収穫したのだろう。私も今日慌てて収穫した。

これで幹がしっかり育って、今後もたくさんの実(とさっきから言っているが、野菜を実というのだろうか)をつけて欲しいものだ。



緊急事態宣言が終われば、徐々に電車も混みあってくる。

せっかくテレワークでも何とかなると分かったのに、無駄な通勤時間をかけて感染のリスクを冒してまで出勤するのがバカらしくて、今日は勝手にテレワークにした。

「国もテレワークを推奨している、自分が感染して周りに迷惑をかけたくない、やることはやってます!」

会社に文句を言われたらこういうつもりだ。

とはいえ、社員の中で自分だけが身勝手にこうすることもできないので、できても週1日かな。また明日からは通常出勤…



今日はとっととやることをやって、あとはのんびり過ごした。

通勤時間3時間分の余裕があるわけだから、普段の定時の時間よりも早めに自由な時間が訪れるのだ。



s-IMG_5640.jpg


なんで今日はいるの?といった様子だろうか。



s-IMG_5639.jpg


日中、家にずっといると分かるけど、猫ってほんと一日中寝てるね。この写真は起きているけど。運動不足が心配になっちゃうぐらいだよ。




s-IMG_5641.jpg



人間を含めて、「動物」は、「動くもの」なわけで、動かなくなったら、それは死に近づいているということなのだ。

だから人間も動かなければ弱っていくわけだけど、猫にはそれは該当しないんだろか。この年(15歳)になっても、たまにひとり運動会よろしく意味不明にダッシュしたりしているからそこで発散してるんかな。


ま、何はともあれ明日からはまた留守番頼むでな。





人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

ポチッと押してもらえると更新の励みになります!
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
緊急事態解除後の週末 :: 2020/05/31(Sun)

緊急事態宣言が解除されて初めての週末。

行きたいところは山ほどあれど、まだ公園などは開園していないし、第2波のことを考えると、人気の公園に行くことはまだはばかられる。



s-IMG_5627.jpg


ということで、地味めな近所の神社を訪問してきた(といっても由緒あるところ)。



神社の鳥居をくぐろうとした時に、今まで見てきた中で最も巨大な蜂の姿を目にしてしまい、もしやこのすがすがしい境内に蜂の巣でもあるのか?と思うと気もそぞろではなかった。そのため、落ち着いて参拝することはできなかったが、それでも久々の神社はやはり気持ちがいい。

土曜日だったので真夏のように暑い日だったが、境内に入るとどこか涼しい。それは単に日陰だからというのと違う感じもする。思い込みもあるとは思うが、何か「いい気」が流れているように思うのだ。



しかし…


s-IMG_5628.jpg


出たー! 巨大な蜂の巣ー!!


…と思ったものは、単なる木のコブであった。

なんだろうか、このコブは。

しめ縄がしてあるからご神木だとは思うが、近くに巨大な蜂がいると思うと、やはりここものんびりとは鑑賞できず、その由来などを詳しくチェックすることもできんかった。



そんなわけで、久々の神社は、蜂の恐怖との戦いだった。あの蜂のでかさといったら、4~5cmはあったんじゃなかろうか。

田舎暮らしに憧れる私だが、そういった自然の多い場所には、このような蜂が普通に生息しているのかもと思うと少々気が引けてしまうね。




s-IMG_5623.jpg


季節はあっという間にアジサイの季節。


今年は例年なら見に行っているはずだったポピーやネモフィラのイベントを訪問することも叶わなかったが、こうして道端に咲くアジサイを眺めるだけでも、心は安らぐ。今までは外に出ることもままならなかったからね。



しかし、結局のところ新型コロナウイルスとはいったい何だったのだろうか?

相当に恐ろしい病のようであり、実はさほど恐ろしくはない病という気がしないでもなく(特に疾患のない人にとっては)、ここまで怯えて暮らす必要があったのか?と最近は思ってみたりもする。

とはいえ、志村けんさんと岡江久美子さんという、大切なエンターティナーたちの命を奪ったおそろしい病であることに変わりはなく、彼らの死が世間に警鐘を鳴らしたことも確か。そうした悲しい事象がなければ日本はもっとやばいことになっていたかもしれない。そう思うとやはり今でもコロナを軽んじてはいけないのだとも思う。まだまだ油断はしないぞと。



さて、カムイであるが、今日もお気に入りのシーツの上でくつろいでいる。


s-IMG_5612.jpg


冬毛の抜けるシーズンでたまに毛球を吐くことはあるが、体調はいたって元気といった様子である。



s-IMG_5610.jpg


適時ブラッシングをしているせいもあるが、毛並みが美しい。それが健康のバロメーターというならば、やはり至って健康なのであろう、ありがたいことに。



s-IMG_5605.jpg


起床して枕元の顔の横に、このふわふわモフモフな物体があれば、誰でも顔を埋めずにはいられないはずだ。寝起きで汗ばんだ顔に毛が付着することは請け合いだが、そんなことも構っていらえない。

ただ、こちらは良くても向こう(カムイ)はあまりしつこくすると嫌がる。




s-IMG_5608.jpg


冬場は100%ベッドを共にしたこの相棒とも夏になれば別れが訪れる。まぁ、互いに蒸し暑いので、それも無理もない話だとは思うがね(笑)




s-IMG_5609.jpg


いよいよ2か月ぶっ通しでエアコンを稼働するシーズン到来といったところだが、カムイのためにエアコン代を惜しむべくもない。そうして、この夏もカムイと共に元気に乗り越えたいもんだね。


そんでもって一日も早く、何の気兼ねもせずに、自由に散策やら温泉巡りができる日が訪れたらいいね。

そんなことを思う今日この頃である。




人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

ポチッと押してもらえると更新の励みになります!
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
ベランダのルーティーン :: 2020/05/22(Fri)

昨日は時短出勤で早めにあがろうとしたら、急遽夕方から会議とかで本社に呼び出され、呼び出されたのに1時間以上待機差せられる羽目になり、会議自体もそんなん電話で済むじゃんって内容だったから、イライラして心身ともに疲れて少し早めの23時には寝たんだけど、そのせいか深夜2時に起き、3時に起き、4時に起き、5時に起き、6時に起き、7時になった今は完全に体を起こした。

こんなこまぎれ睡眠で大丈夫なんだろか。完全に不眠症だね。別に悩みもないし、入眠は早いのに、この途中覚醒が恨めしいわ。


ま、昨日からのそんな悪い流れのことは忘れて、今日を楽しもうじゃないか。

ってことで、朝のルーティーンはベランダ作業から始まる(冬は除く)。

ルーティーンたって、メダカに餌をやって、植物に水をやって日々の成長を眺めたりするだけなんだがね。

とりあえず植物に話しかけはしていない(でも話しかけた方が育つ節あるから、今度やってみるかなw)



s-IMG_5598.jpg


メダカがどんどん増えてるよ。

うちには白メダカと楊貴妃メダカがいて、どっちも捨てがたい味わいがある。

メダカにはキラキラ系とか、お腹がぷっくりしたやつとか、いろんな新種が出てきているけど、自分はシンプルなのが好き。ただ、野生のメダカだと地味すぎるから、色がついているくらいがいい。


白と楊貴妃をミックス配合すると、ミックス犬ならぬミックスメダカになってしまって意外と雑種みたいな雑多な色で出てきそうなので、それぞれ別の容器で管理している。

しかし、オレンジ色の楊貴妃メダカの下の土を同色の鹿沼土にしたのは失敗やったな…




s-IMG_5596.jpg


サボテンを毎日眺めるのも乙なもんだよ。以前にも言ったような気はするけど、この丸いフォルムのサボテンが好き。



s-IMG_5597.jpg


だから比較的、丸系のサボテンが多いが、丸で買った時から勝手に間延びしてしまうのもいる。寄せ植え風にしているが、単に並べただけともいう。




s-IMG_5599.jpg


この多肉は冬に一旦、葉を落としたが、気温の上昇ともにまた盛り返してきた。これからさらにいい色になってくるんじゃないかな。




s-IMG_5601.jpg


こちらはもはや制御不能で、(ヘビ頭の)メデューサのようになってしまった。本当は適度に剪定などしないといけないんかな。




s-IMG_5600.jpg


こちらはパクチーの新芽。

前は畑でつくっていたが、今回はプランターで。その方が料理の時に気軽に摘まんでこられることに気づいた(遅い)。畑ほど立派には育たないだろうけど、摘まむくらいにはできるだろう。




s-IMG_5594.jpg


植え替えの終わったウンベラータとフィカスの室内組。



s-IMG_5595.jpg


ちょうど葉が隆盛の時に植え替えてしまったが、早々に根が土に定着して、また再び伸び成長して欲しいものだ。




s-IMG_5604.jpg


最後はカムイとたわむれる。



でもって、仕事いくかー!


となるのだが、今日は勝手にテレワーク。

無駄でリスクのある通勤はしない(会社からはテレワーク終了とされているが、合理的なんだからいいじゃんと勝手にw)


出勤しなくて済む日常が素敵すぎて、寝不足のはずなのに妙に元気だ。

ただ、午後は堕ちるだろうね。



といいながら、これから朝の運動に行くので、ばいなら~




人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

ポチッと押してもらえると更新の励みになります!
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
前のページ 次のページ