FC2ブログ

独身フリーマン&猫一匹(&犬一匹)




散歩時のバトル :: 2024/02/21(Wed)

今朝は5時半に豆太の要求鳴きに起こされた。

いや、正確にはその前から深夜3時くらいからみやびのご飯要求鳴きで熟睡はできていなかった。

今日は雨模様だし、散歩は止めて室内で運動させようと思っていたから、浅い眠りながらも6時くらいまでは寝ようと思っていた。

それは私が眠いということの他に、毎回5時半に散歩に行くという習慣を付けてしまうと、その時間になると必ず要求するようになってしまうと聞いていたからだ。

ただ、もはやその懸念は現実のものとなってしまったようで、この何日か朝5時半からの散歩を続けたせいで、そのくらいの時間になったら、豆太がくぅんくぅん、きゅんきゅん鳴きだしたのだ(正確な体内時計をしてやがる)。

これに反応してはいけないと心を鬼にして寝室で横になっていたが、静まり返った明け方のこと、ワンワンワンという大きな声ではないにせよ、近所に声が漏れているのではと気になっておちおち寝ていられない。


仕方がないので一瞬静かになったのを見計らって豆太のいるリビングへ移動。

本来はしばらく静かにしてから移動した方が良いのだが、なかなか鳴きやまないので、一瞬やんだ時に行くしかなかった。

これで豆太自身が鳴けば来てくれるの要求が通ったと思ってしまうと厄介だが、リビングに行った時に、「どした?」等の声をかけるではなく、豆太とは目を合わせず、「呼ばれたから来たわけじゃなくて、起きる時間だから来ただけだから」というこちらの意図をそれとなく伝えたので大丈夫と思いたい(おそらくそこまで理解していない…)。



結局、まだ雨が降っていなかったので散歩に出かけた。

今日は、イージーウォークハーネスという引っ張り防止のハーネスと首輪のダブル装着で臨んだが、そんなハーネスを付けたところで対処療法でしかなく、結局豆太はぐいぐい突き進んでいく。

むしろ、邪魔なものが胴体についているので、体で嫌々の表現を示しながら、ぐずり鳴きまでし始めた。

豆太は自分が行きたい方に行けなかったり、思うようにいかないと、ぐずり鳴くのだ。まさに人間の駄々っ子。

私は、例え子供であったとしてもこうした駄々っ子に対して、駄々をこねれば思うようになると思うなよ、という厳しい考えを持っているので、愛犬であっても(愛犬だからこそ)イラっとするのが正直なところなのだ。


なぜ、こんなに我儘になってしまったのか。これが子犬というものだろうか。それとも私が知らないうちに甘やかしてしまったのか…

そんな思いもあったので、今日からは好き勝手に行かせず、ある程度こちらがコントロールした散歩を心掛けていたので、豆太としても不服だったのか、帰る頃には今度は動かなくなった。本当にガンとして動かない。小雨も降ってきているのに…

動かなくなった時はリードを少し張ったまま背を向けていれば、いずれはこっちに来るので、その時に褒めてやればいいとYouTubeでやっていたので、じっと来るのを待っていたが、10分待っても来やしない。飼い主譲りの頑固者かよ。

挙句の果てに、急にグイッとリードが引かれたので何事かと思ったら、少し離れたところにいる猫が気になって仕方がないようだ。

猫に向かって吠えたいのだが、吠えずに変な鳴き声を発していた。

いまだワンワン吠えることのない豆太だが、これだけ好奇心が強くて落ち着きがないとなると、吠える素養があるんじゃないかと心配だ。一度吠えだしてしまったら、吠えの常連になってしまうのではないかと。

そてに猫に対する耐性は我が家で2ヶ月以上付けてきたはずなのに、ある意味全く社会化が出来ていないという…


猫、はよ向こう行けという願いが通じたのか、ほどなくして猫はいなくなったが、豆太はその後も全く動かない。

そっちが動かないならこっちも動かんぞ…とは思っていたが、出勤時間が迫ってきたので無理やり引っ張ていくしかなかった。

これじゃ散歩嫌いになってしまうのではと心が痛かったが、抱っこをすると、駄々をこねれば抱っこしてもらえると余計に我儘になってしまう(昨日の散歩時はしてしまった)。



そんなこんなで雨中の中で冷戦模様で散歩は終わった。

最後は極上のおやつをあげて仲直りしたつもりだが、間もなく5か月という月齢になって一筋縄でいかなくなってきた。

「そのくらいはこんなものよ~」と散歩中に出会う犬(柴犬)飼いの方に言われるが、本当にそうなのか?

豆太が特別に我儘で好き勝手ということはないんだろうか。

豆太のエネルギーは本当にすごいのだ。

生後半年くらいから自我が目覚めて、吠えたり噛んだりの問題行動が出てくるという。

あーおそろしや。


IMG_4733.jpg

人間換算もう小学生。急に大人びてきたもんなぁ。



IMG_4676.jpg

と思いきや、写真のアングルによっては妙にアンバランスな体。




柴犬ランキング
柴犬ランキング
関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

  1. 豆太
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<ドッグランでリアルコリーに遭遇して興奮!の巻 | top | みやびを襲う豆太>>


comment

こんにちは。
娘と息子のおかげで、すっかり寝不足パパですね…
本当に人間の子育てと同じですね。

インスタでもやんちゃな豆太くん見てるので、
なかなか落ち着かないようでこまりましたね。
でも幼稚園も行ってるし、ドッグランも行ってるし、元のブリーダーさんあてにならないし、これ以上どうすればいいんでしょうね…。
私、今走ってるから一緒に走ります?(笑)
 (でも5分も走らないんですけど)

マルオさんにエールを送ることしかできない…
ファイトだーーー( ; ; )





  1. 2024/02/21(Wed) 17:20:41 |
  2. URL |
  3. かめきち #-
  4. [ 編集 ]

人間の子育ては経験がないけど、寝てる時以外目が離せないのは一緒かもですね。犬の方が少しは留守番できるから、人間の子はもっと大変なんでしょうけど、犬は犬でこちらの意志が全く伝わらないこともあるので大変です。

かめきちさんに豆太と一緒に散歩して欲しいくらいですよ!
  1. 2024/02/25(Sun) 21:19:45 |
  2. URL |
  3. maruo #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gure55maru.jp/tb.php/3221-bdb79da3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)