FC2ブログ

独身フリーマン&猫一匹(&犬一匹)




みやびを襲う豆太 :: 2024/02/20(Tue)

にゃんとも清潔トイレをもうひとつ購入した。これを私の寝室にも設置するつもりだ。

というのも、みやびと豆太を一緒にフリーにしていると、目を離したすきに、みやびのギャーという鳴き声が聞こえてくることがあって、慌てて駆けつけると、豆太がみやびに乗りかかって口で攻撃しているのだ。

みやびも噛みつこうとしたり、猫パンチやキックで応戦するのだが、犬のパワーにはとうてい敵わず、だいたいみやびが受け身の体制となってしまっている。



IMG_4718.jpg



これが本気の喧嘩なのか、豆太が本気でみやびを襲っているのかに関しては、いろいろ調べたところによるとそうではないと思う。

本気の喧嘩だったら殺気を感じるレベルとのことだし、みやびも強襲された後に懲りずに豆太の近くまでダッシュして、すぐさま逃げるみたいな鬼ごっこの誘いをかけたりもしているからだ。

犬同士のじゃれ合いにワンプロというものがあるが、おそらく豆太としてはそれのつもりでみやびともじゃれ合っているのではないかと。

ただ、幼い豆太のことだから、ワンプロ中に興奮してきてしまい、みやびに怪我をさせる可能性がないとは言えないし、口撃が熱を帯びてしまうこともあって、豆太の口にみやびの毛がまとわり付いていることもしばしばだ。


はじめてこれを見た時、豊かなみやびの毛をむしった豆太に対して怒りがこみあげてしまって、「ざけんなバカ、ダメーーーーーーっ!」ぐらいのレベルで叱ってしまったのだが、それが全く堪えないのが豆太。そうやって叱っている傍からみやびの方に突撃していこうとするのだ。

むしろこちらが冷静さを欠いて叱ると、豆太も興奮して一瞬こちらにグワッと牙をむきそうな素振りを見せることもあるし(実際に噛むことはないが)、飼い主はどんな時でも冷静でいなければならないということを思い出して、それ以降は何とか冷静に仲裁に努めている。


とはいえ、かわいいみやびに乗りかかる豆太を見ると、どうしたって腹だたしく感じてしまうのが正直なところ。



IMG_4721.jpg



犬は大切な家族、例えば人間の赤ちゃんは襲わないという。

なのに、なぜ大切なみやびを襲うのだ…と。



これを幼稚園の先生に相談したら、逆にみやびが豆太に痛手を負わせれば少しは大人しくなるのではとのことだったが、みやびが必至の形相でいくら反撃しても豆太に堪えた様子は一切ない。

だから、2匹でぎゃーぎゃーもみ合っているどさくさ紛れに、みやびが攻撃したように見せかけて、私がみやび側から豆太に攻撃(というと語弊があるが)したこともある。

まぁ攻撃したといっても、暴力じみたことはできないので、結局みやびから豆太を引き離した程度の感じにしかならなかったから効き目もなかったのだろうが。


みやびもすぐにキャットタワーなどの高いところに逃げてくれればいいのだが、豆太のそばでも呑気に寝転んでいたり、自ら豆太のサークルに入ったりと、それが余計に混乱のもととなっている。

とはいえ、もともと我が家すべてがみやびの庭であったのだから、それでみやびを責めるのはしのびないのだが…



そんな経緯があって、時と場合によっては、一時的にみやびを寝室に隔離することにした(みやびには申し訳ないが)。

隔離中にみやびが便意や尿意をもよおしてしまった時のためのもうひとつのトイレ購入というわけだ。

ずっと一緒にいれば気にならない存在になりそうなものだけど、みやびへの執着は2ヶ月経っても全く変わらない。猟犬の性なんかなぁ。

下の動画2個目のように、みやびが豆太に対して友好的な様子もあるのがまだ救い。










柴犬ランキング
柴犬ランキング
関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

  1. みやび&豆太
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<散歩時のバトル | top | 犬の一大イベントに行った>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gure55maru.jp/tb.php/3220-0eacc90d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)