FC2ブログ

独身フリーマン&猫一匹(&犬一匹)




豆太の飼育はこれからが肝心 :: 2024/01/31(Wed)

私がよく行く公園には犬を散歩させている方が多く、柴犬と遭遇することも多い。
そんな時はさりげなく近づいて行って、豆太の犬との交流を図るのと、その犬の様子を見た上で、トレーナーにしつけを頼んだ等を聞くことにしている。

しつけをしている方もいれば、していない方もいて、今のところしていない方の比率の方が高いのだが、それでいて眼前の犬は落ち着いているので、まともなしつけをしなくてもそんな立派になったんだねぇとちょっと励まされたりする。

自分は3ヵ月の豆太を幼稚園に通わせ、トレーナーも呼んでいるのだから、さらに立派な子に育つはず!と思いを新たにするのだが、とはいえ今の豆太の様子を見ていると、君たちはもともと豆太ほどはやんちゃじゃなかったんじゃね?、はじめからおとなしい性格だったんでしょ?と思ってもしまうのだ。

とにかくリードの引っ張りが尋常じゃなくて、はぁはぁぜいぜい自分の喉や首を酷使しながら前に突き進んでいく姿を見るにつけても将来の不安がもたげてくる。ただ、その程度ならまだいいだろう。引っ張ったら毅然とした態度で動かなければそれで済む。

問題は、フードアグレッシブ(ご飯への執着がすごく飼い主に対してうなる噛みつく)や体に触れると噛む犬に育ってしまうことだろう。YouTubeの映像などでフードアグレッシブの犬を見たら、本当に恐ろしくて、愛犬だったとしても飼育放棄も考えちゃうんじゃないかと思わせられるほど。餌を与えようとしている飼い主に対して、がるるるると牙をむき、器をかたそうとすれば同様の素振りを見せるのだ。

私がもし豆太にそんなことされたら、「じゃあ知らん、あげねーよ」といってそのまま無視、放置してしまいそうだが、幸い今の豆太は食べている途中で器を触っても何もしないし、むしろ私の手からフードを食べることを好んでいて、手は奪うものではなく与えるものと思ってくれていると思う。

ただ、子犬の性格は生後半年くらいから自我が目覚めることで変わることもあるというので、それが恐ろしい。フードアグレッシブの例として挙げられる多くが柴犬でもあるし…(しかも、黒柴は最も野性味が強いという)

今度、ドッグトレーナーが来た時に、どうしてそのような事態に陥ってしまうのか、そうならないようには今後どう接していけばいいのか確認しておこう。



にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

  1. 豆太
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
<<散歩中の引っ張りに悩む | top | 豆太の近況>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2024/02/04(Sun) 17:34:04 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gure55maru.jp/tb.php/3208-0ce96a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)