FC2ブログ

独身フリーマン&猫一匹(&犬一匹)




訃報を受けて :: 2023/11/14(Tue)

さっきFacebookを何気なく眺めていたら、闘病されていた方の訃報が流れてきた。もちろんご本人からの報告ではなく旦那様から。まだ48歳だったのに。

ブログとかFacebookとかで闘病されていてしばらく更新がない後に、更新があると伴侶やお子さんが訃報を報告するケース、とても寂しいよね。

その方はガンでも西洋医学頼りではなく、他のこともいろいろやっていたんだけど、結局ダメだったのか…と。


自分も、ブログにFacebook、インスタにXといったSNSをやっているけど、もし我が身に何かあっても誰も更新をしてくれる人はいないからそのまま自然消滅だろうなぁ。たいていの人ってそんなもんだよね。リアルの知人ではないし。

でも、自分の場合は、もし亡くなったとしても、ネットの世界だけでなく、リアルな知人にですらその事実を伝えてほしくないとすら思ってしまう。もう家族だけの内密事項で。誰も亡くなったことを知らなければ、どこかで生きていると思ってもらえるし。

今は両親も兄もいるけど、年齢的には自分が最後になる可能性もあって、その時に伴侶がいなければ、実際そういう風に人知れず逝くことになるかもしれないけどね。

と、身近な方が亡くなると、いろいろ人生観、死生観について考えてしまうのだよね。




IMG_3847.jpg




犬のこと。

やっぱり問題はみやび。

もともと神経質だったみやびが、犬(子犬ならやんちゃだろう)にストレスを感じてしまわないか…

そこだけが最終関門という感じで一晩悩んでいたんだけど、こうした訃報を聞くにつけ、やっぱり自分のしたいこと(犬との暮らし)は生きている間にしておきたいとの思いも強くなり。

みやびは臆病だが、カムイほど人見知りではないので(友人がきてもパッと逃げるようなことはない)、犬がきても対応してくれるのではないか。

…なんて思いは人間のエゴかもしれないけどね。




そういえば、さっき床に💩が落ちてた。


IMG_3887.jpg


軽い感じのウサギの💩を一回り大きくした感じのだったから、ティッシュでぷいっと取り上げて問題なかったけど。




IMG_3884.jpg


最近のお気に入りの場所。テレビ台の下。

早朝からの仕事から帰宅しても迎えに来ず、ここでまどろんでいることが多い。

100発100中でお出迎えにきてくれたカムイの幻影もなくなって、今はこれもみやびの個性と認められるようになった。



IMG_388913.jpg


みやびにもカムイにはなかった可愛いところがたくさんあるんだよね。



にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびちゃんにポチッとな💘


人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

  1. | trackback:0
  2. | comment:3
<<猫だが犬食い | top | 子犬との争奪戦に敗れたり…>>


comment

余白と犬コロ

最近は特にあちこち巷に訃報が多い気がしますね。
年の瀬に向かう秋に寒風が浸み入ります。あんなに暑かったのに。
人生は本当に短いのでしょう。
一年の速さが恐ろしいのだから、それが3回で三年。
その三年が三回でほぼ十年。
あっと言う間にこの間亡くなった筈の父の七回忌が巡り来るとお寺さんからハガキが届いたのです。
三年の二巡が終る訳。おそろしい。
maruoさんの歩んだ証しがこのblogかもしれない。
そして、誰よりも記憶しているのが、記憶力のいい自分かもですわ。
あの垂れさがったブラブラした夏の花はなんだっけ?
不思議とあれがいつも脳裏に過るんだけど、それmaruoさんもうたぶん忘れているかもだ(笑)。
みーちゃんは、カムイにきっと指令されている。
カムイが憑依している物語りを勝手に捏造している自分は、たぶんカムイがmaruoさんの人生を猫埋没依存の閉じたものにならにように、どこかでみーちゃんに余白を持たせているんだと思うのです!
その余白のうちに、犬願望が忍び込んで現実味に及ぼうとしているが、それを押し戻す見せない力との鬩ぎ合いでより熟考を喚起させているのだ。
自分は善意で否定しながら焚き付ける性格なので、この愛らしい動画を吹聴プレゼントしますわよ。
https://youtube.com/shorts/M1sGHvfODmQ?si=iBKsTPj9qOadDOsq(引用深謝)
  1. 2023/11/14(Tue) 23:31:30 |
  2. URL |
  3. Vaghissima sembianza #skcssL2s
  4. [ 編集 ]

追記)
でもmaruoさん、やっぱね、
どう考えても無理な気がするよ。御父上の仰る通りだよ。
犬は家に誰かが居なければいけないよ。小型犬からの場合は特にそう。
maruoさんがどこかで縛られる道はカムイは望んでいない気がするな。
猫はそこは天使な訳で、犬はやっぱ無理。
なぜかと言うとね。
猫はリビア発祥は知っていると思うけど、
単独狩り忍び隠密型。だから、独りが可能。
犬は集団狼意思共有型生命体。独りは相当の訓練や環境が必要。絆の為にも。
そして、maruoさん、犬騒音とまたイザコザまで生じるかもしれないもの。今度は加害者としてエレベーターに貼り紙されるかもだし…。
本当に熟考お願いするってことが自分の、
maruoさん日記で救われた過去を持つ者の信愛。
衝動の潮が退いて行けばいいんだけどなぁ。人生の愉しみかぁ。もどかしいねぇ。(どうすればいいのだろ)
  1. 2023/11/14(Tue) 23:47:03 |
  2. URL |
  3. Vaghissima sembianza #llOsW3ec
  4. [ 編集 ]

>Vaghissima sembianzaさん
思惑と違った形状になってしまったのは、ひまわりですね。
  1. 2023/11/15(Wed) 12:44:54 |
  2. URL |
  3. maruo #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gure55maru.jp/tb.php/3179-5b3895e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)