FC2ブログ

独身リーマン&猫一匹




天国で再開してるかな :: 2022/11/15(Tue)

同じブリーダー出身のカムイの親戚の子が天に召された。

自分が初めてそのブリーダーさん宅を訪問した時にもその子とは会っているはずだし、自分の膝元にカムイと共にわしゃわしゃ群がってきたうちの一匹だと思うと切なさが募る。

と同時に、17年ぶりに向こうでカムイと再開しているかなと想像してみるとほんわかした気持ちにもなる。

ブリーダーさん曰く、「バーマンは寿命が短くてだいたい12~13歳」と言っていたそうだが、どちらも17歳まで生きた。十分生きた。


…なんていうのは、大切な子を亡くした時には何の慰めにもならないのだけど、それでもそこまで生きたなら天寿を全うしたよ、とも思う。



デジカメ写真集 111


心の中にはずっと生き続けるしね。




IMG_1637.jpg



ブリーダーさんが亡くなっているのでそのキャッテリーはだいぶ前に閉まっている。当然ながら当時いたカムイの親猫たちも亡くなり、カムイの世代の子たちもどれだけが生きているだろうか。

自分がアラフィフにもなると(このブログを始めた時はアラサーだったのに…)、少し古い映画を見ると、出演者のほとんどが今は鬼籍に入っていたり、自分が育った古き良き昭和の方やモノがどんどん亡くなって(無くなって)しまった現実を目の当たりにすると、誰しもがいつかは亡くなるという事実が妙にリアルに感じられてくる。生物は生まれた瞬間から死に向かって生きているという言葉の通りだ。

今は健在の両親や大切な友人が生きていることを当たり前と思わず、自分が普通に生きていることすら当たり前と思わず、日々に物事に感謝して大切に生きていかねばと思うのだけど、そんな気持ちと矛盾するかのように、毎日通勤電車に揺られていていていいのだろうか…と焦ってしまう。




IMG_1258.jpg


どうしたらいいんだよ~、カムイ?と思いつつ、明日も満員電車に揺られてきます(笑)



でも、後悔しない人生のことを真剣に考えていかねば…と思う今日この頃。
30代前半からアラフィフになっても、人生の悩みは尽きないね。トホホ





人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
| top | カムイが逝った日>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2022/11/17(Thu) 16:18:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

きっと再開して二匹で跳んだり跳ねたりじゃれあっている事でしょう。そしてMARUO さんとの再会も楽しみにしていると思います。けれどもあんまり早く、とは望んでいないかな?。現世での生活も、きっと暖かく見守ってくれているでしょう。宗教めいた事書きましたがその気は無いので再度、悪しからず。
  1. 2022/11/18(Fri) 22:09:29 |
  2. URL |
  3. 独身もうすぐ60のおっさんです。 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gure55maru.jp/tb.php/3115-c3205876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)