FC2ブログ

独身フリーマン&猫一匹(&犬一匹)




豆太の飼育はこれからが肝心 :: 2024/01/31(Wed)

私がよく行く公園には犬を散歩させている方が多く、柴犬と遭遇することも多い。
そんな時はさりげなく近づいて行って、豆太の犬との交流を図るのと、その犬の様子を見た上で、トレーナーにしつけを頼んだ等を聞くことにしている。

しつけをしている方もいれば、していない方もいて、今のところしていない方の比率の方が高いのだが、それでいて眼前の犬は落ち着いているので、まともなしつけをしなくてもそんな立派になったんだねぇとちょっと励まされたりする。

自分は3ヵ月の豆太を幼稚園に通わせ、トレーナーも呼んでいるのだから、さらに立派な子に育つはず!と思いを新たにするのだが、とはいえ今の豆太の様子を見ていると、君たちはもともと豆太ほどはやんちゃじゃなかったんじゃね?、はじめからおとなしい性格だったんでしょ?と思ってもしまうのだ。

とにかくリードの引っ張りが尋常じゃなくて、はぁはぁぜいぜい自分の喉や首を酷使しながら前に突き進んでいく姿を見るにつけても将来の不安がもたげてくる。ただ、その程度ならまだいいだろう。引っ張ったら毅然とした態度で動かなければそれで済む。

問題は、フードアグレッシブ(ご飯への執着がすごく飼い主に対してうなる噛みつく)や体に触れると噛む犬に育ってしまうことだろう。YouTubeの映像などでフードアグレッシブの犬を見たら、本当に恐ろしくて、愛犬だったとしても飼育放棄も考えちゃうんじゃないかと思わせられるほど。餌を与えようとしている飼い主に対して、がるるるると牙をむき、器をかたそうとすれば同様の素振りを見せるのだ。

私がもし豆太にそんなことされたら、「じゃあ知らん、あげねーよ」といってそのまま無視、放置してしまいそうだが、幸い今の豆太は食べている途中で器を触っても何もしないし、むしろ私の手からフードを食べることを好んでいて、手は奪うものではなく与えるものと思ってくれていると思う。

ただ、子犬の性格は生後半年くらいから自我が目覚めることで変わることもあるというので、それが恐ろしい。フードアグレッシブの例として挙げられる多くが柴犬でもあるし…(しかも、黒柴は最も野性味が強いという)

今度、ドッグトレーナーが来た時に、どうしてそのような事態に陥ってしまうのか、そうならないようには今後どう接していけばいいのか確認しておこう。



にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



  1. 豆太
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
豆太の近況 :: 2024/01/30(Tue)

豆太もはや生後4ヵ月を経ていかにも子犬らしい可愛らしい時期は脱した。
成犬に比べればまだまだひよっこだが、人間換算で6歳ということで出来ることも増えてきた。

そのひとつがサークルからの脱出。
外出後に帰宅したら、玄関にうごめくものが出迎えてくれたので、みやびかな?と思いきや、豆太~!

お前、どうやって脱出したー!とびっくりしたが、帰宅した時にオーバーリアクションは取らないようにしているので(留守番を大げさなこととして捉えられないように)、素知らぬ素振りで捕獲。

どこかの隙間から出たという感じでもなかったので、上から脱出したようだ。


IMG_4597.jpg


今は全方位を上部カバーで対策したが、唯一、人間が出入るする入り口のところは高さがあるからカバーしていなかったのだが、そこをよじ登って脱出したようだ。

一度、脱出に成功すると、同じところから出るすべを学ぶようで、私がいる時でもそこによじ登っていたので、改めて上部カバーを装着した次第。




IMG_4552.jpg


夜泣きや朝泣きをされると近所の反応が気になるのと、私自身が気が気じゃなくてまともに寝られないので、日中に目いっぱい運動させるため、広い広い公園でボールやフリスビーで遊んでいたが、ドッグトレーナーに来てもらったら、その放任主義が豆太のわがままさを助長する可能性があるとの指摘。

ドッグトレーナーとは別の幼稚園のトレーナーは、今時期は散歩の楽しさを味合わせるためにまずは自然で遊ばせてみたいなことを言っていたのだが、確かに今の豆太の様子からすると自由にさせすぎたきらいがある。

散歩中は常にリードを引っ張り、飼い主(私)のことなど眼中なし。室内では、飼い主のことを常に見ていて、風呂やトイレに移動すれば、くぅんくぅんと甘えた鼻泣きをするくせに、外だと前しか見ていないし、通行人がいればその人めがけてすっ飛んでいきそうな感じだ。


ただ、幼稚園でもドッグトレーナーからも性格の良い犬とのお墨付きはいただいている。

臆病な犬を改善させるのと、やんちゃな犬を大人しくするのは、臆病な犬の方が100倍難しいというトレーナーの話も聞いた。

そういう意味で、豆太はやんちゃ過ぎるくらいだけど、人間や犬を恐れず(むしろ友好的に近づいていく)、車やバイクも恐れず、散歩を始めたばかりの子犬は動かなくなってしまうケースもあるようなのに、それどころか常に動きまくって止まることを知らない。

さらに外で他の犬に吠えられても、今まで一度も吠えたことがないのは飼い主としても誇らしい点だ。

ただし、散歩のしつけのためにリードを引っ張ったりすると、自分の行きたい方に行けずに猛烈に首輪を外そうとしたり、くぅんくぅんと甘えた声(人間で言えばぐずり声)を出して、そういう時はガンとして動かなくなってしまう。

そうなった時は、「上等じゃねぇか、こっちも動かないからずっとここで我慢比べや」とも思うのだが、実際のところ、寒空の中で棒立ちしていると少し虚しくなったりはする。

でも、犬のしつけって一朝一夕ではいかず、本当に辛抱強くというか根競べというか、いくら幼稚園に通わせたり、トレーナーに頼んだりしても、最後は飼い主と犬の関係なんだよね。

散歩なんてどんな犬も勝手に人に付き従ってくれるものだと思ってた…
昨日、公園で会った柴犬の飼い主は、「特に躾はしてないよ」なんて言っていたのに、その子は実におとなしくて、豆太がわちゃわちゃしてとびかかろうとしても全く相手にせず、散歩中も飼い主の左側をピッタリついて、それでいてリードは緩んでいた。

これはもう個体の性格なんかなぁ。



それ以外にもいろいろ問題はあるけど、本日はこの辺まで。




にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村
  1. 豆太
  2. | trackback:0
  3. | comment:0