FC2ブログ

独身フリーマン&猫一匹(&犬一匹)




散歩トレーニング :: 2023/12/31(Sun)

昨日今日と豆太の散歩トレーニング。



IMG_4340.jpg



対面になって飼い主は後ろ歩きしながら円を描くように歩くという。
犬が止まったり他所に行こうとしたり、飼い主を追い抜いたらリードで制して元の位置につける。
これを延々とやり続けていると、飼い主の方が目が回って気持ち悪くなってくるほどだが、犬との躾は我慢比べともいうし。

これまではよく眠ってくれるようにと、リードを付けながらも好き勝手行かせて、それに飼い主が合わせて一緒に走っていたが、これだと本格的な散歩が始まった時にわがままになってしまう。



IMG_4341.jpg



ただ、これまで自由に好き勝手なところに行けていた豆太としたら気に食わないから(家の中では自由時間はフリーにさせてもいるし)、デンと座り込んで動かなくなった。

対面でやっているから表情がよく見えるが、「なんでそんなことすんの?」といった切なげな瞳を投げかけてくる。

こちらとしても、多少リード操作のために多少なりとも首に負担をかけているのではと罪悪感があるので申し訳ないと思いつつ、おやつで誘ってもう一周という感じで。

でも、最後はふてくされたような表情にも見えたし、散歩嫌いになっても困るので終了。

人間で言えばまだ3歳。一筋縄ではいかないね。


ちなみにみやびは人間年齢12歳


IMG_4349.jpg


今朝、私のベッドにウサギのうんちを一回り大きくしたようなウンば落ちていたけど、ベッドには豆太は乗れないから、みやびが連れてきてしまったようだ。でも、普段は粗相のないみやびだし、たまたま落ちていたくらいじゃ気にならない。

日々、豆太のウンとの格闘があるから、その扱いにも慣れてきた。幸い2匹ともいいウンをしてくれるし。




IMG_4352.jpg


フードの催促は相変わらずだけど、5か月の差は大きいようで、豆太との精神年齢の差は明らか。今や立派なお姉ちゃん。




IMG_4368.jpg


ブリーダーさんは、子犬が猫を追い掛けることはないと言っていたけど、現実は甘くなく、狩猟犬の本能がそうさせるのか、互いにフリーにさせた時にみやびの姿を見れば追い立てる。

来た当初のようにみやびに向かって吠えるということはないし、柴犬流のじゃれ合いだとは思うけど、一緒にしている時はずっと監視していないといけないので、来年になって赤ちゃん期を過ぎたらもっと仲睦まじくなってくれればいいなと思う。



にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびと豆太にポチッとな💘

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



  1. みやび&豆太
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
脱走を覚えた豆太 :: 2023/12/28(Thu)

今朝も5時前に豆太の要求鳴き(くぅん、くぅん)が聞こえたが、そこで行ってしまうと癖になると無視していたら、なんと寝室に豆太がとことこやってきた。

えっえっ、どういうこと、なんでいるの!?と、一緒に寝ていたみーちゃん共々びっくりこいた。


IMG_4331.jpg


どうやら、このトイレの置いてあるコーナーの部分から這い出したようだ(写真は対策済)。

ここで脱出の練習をしているのは目にしていたが、まだまだ無理だなと思って甘く見ていたが子犬の成長は早い。もう無理ではなかったみたいで。

一度経験したらもうお手の物という感じで、その後も再び脱出するシーンを目撃したのだが、何とも器用に這い出ていた。

100均で買った仕切りは格子状になっていて足をひっかけられるので、そこからよじ登ってしまうんだね。

ペット専用のお値段のする仕切りのやつ(写真手前部)が縦にしか仕切られていないのは、足がかりをなくすためなんだとここで納得。




IMG_4330.jpg


脱出後は廊下でうんち。とりあえずこれをキャッチすればひと安心(おしっこも知らぬ間にしているのでこわいけど)。


…と思ったら、今日はウンチが2段階だったようで、その十数分後になんか臭うな~と思ったら、今までしたことのない私の寝室にブツ発見。

しかも、自らのブツに口をつけ、その後、私の足に口でじゃれついてくる。この時ばかりは勘弁してくれや…と思ってしまう(苦笑)



昼寝させるために、出勤前に目いっぱい運動させているが、とにかく朝からパワー全開で、みーちゃんが困惑するほど。

みーちゃんにとっても運動になるからいい面はあるにせよ、子犬の予測のつかない動き、向こうはじゃれているつもりでも、猫にとってはダメージを負わせるのではないかとヒヤヒヤ。



IMG_4323.jpg


何せもう傷は癒えつつあるとはいえ、みーちゃんは先日オペしたばかりで、表面上は塞がっていても中の傷がどうなっているかは分からないわけで。



IMG_4326.jpg


豆太の運動会に付き合ってくれた分、みーちゃんお疲れ様、ありがとうね、いい子だね~と優しく撫でてあげるのが日課となっている。



今日も豆太と散歩に出かけた。

二匹のチワワを散歩させるママさんと遭遇して、そのうち一匹のチワワは散歩を始めたばかりとのことで、道の真ん中にデンと居座って動かないようだった。

チワワも頑固で気が強いからね~お互い頑張りましょう、などと内心で思いつつも、うちの豆太も負けてない。

牛歩になるようなことはないが、とにかく好き勝手に動きたがって、リードは足(豆太自身だったり私の足だったり)に絡まるし、まぁ落ち着きがないことこの上なし。


YouTube講座を思い出し、おやつで誘導したりいろいろやるんだけども、そういう時はおやつなど見向きもしない。

散歩中は飼い主とのアイコンタクトも大切のようなのに、全く上を見上げるようなこともなく、下の落ち葉やらに夢中だし。

いつもは飼い主の姿が見えなくなると甘えた声を出すくせに、こういう時は飼い主なんぞ眼中なしってかい。


行きたい方に自由に行かせてしまうのも悪癖になるというので、ピシッと脇を閉めてリードを動かないようにすれば、首を嫌々といった素振りで振りながら、切ない鳴き声を発して自由に行かせてと訴える。

はたから見ればその鳴き声で虐待でもしているかのような状況にも映るので参ってしまう。



何事もなくのんびり愛犬を散歩させているそこのおじさん、おばさん、お姉さんがたよ、あなたたちは何か特別な訓練でもしたのかね?

全ての方がそんなトレーニングをしているとは思えないのに、みんな立派だことよ。


年末年始はYouTubeで躾集中講座しないとな。



にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびと豆太にポチッとな💘

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村
  1. みやび&豆太
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
みやびと豆太の関係性 :: 2023/12/25(Mon)

豆太のサークルの下に敷くシートをレジャーシートに替えてみた。


IMG_4310.jpg


これまでの断熱シートに比べて食いちぎられないようなので良さそう。100均様々ですな。




みやびのお腹の傷、完全に塞がってきたようでホッとひと安心。


IMG_4302.jpg



この数日はダイエットがてら、豆太と一緒に家の中で放して運動会状態。

加減を知らずに突っ込んでいく豆太の勢いにヒヤヒヤしつつ、動物同士なのでなるべく自然と上下関係をつくってもらおうと見守っている。

みやびも猫らしい俊敏さで逃げる時は逃げるから大丈夫だろうと思いつつ、豆太のダッシュ力も当初より増していて足の速さは互角。最後はみやびの空中殺法(上空に逃げる)で事なきを得るわけだが。

でも、追いかけまわされても、みやびも追いかけっこを楽しんでいるのか、逃げた後もすぐに舞い戻ってきて豆太を誘う。

たまに少し離れた豆太を前にして、寝転んだりして余裕の感じで誘っていたりもする。

そんな時は豆太も間合いをはかって離れた位置で対峙しているが、みやびが寝転んだ状態のまま一瞬よそ見した瞬間を見逃さずにダッシュしていくから、思わず「みやび、行った!」と声を出す。

寝転がって余裕こいているのによそ見して急襲されそうになるみやび、相変わらず天然というかおっとりさんというか。




IMG_4318.jpg


豆太の届かない位置にいる時は余裕のみやび。上から見下ろす女王のよう。

しかし、豆太の背も伸びてきたことを感じる。

半月前はみやびが3キロ、豆太が2キロだったが、今はどのくらいだろうか。

みやびは変わっていないだろうけど、豆太はこれから日ごと成長していくだろうね。

豆柴は5キロぐらい、柴犬だと10キロ近くなるようだけど、5キロくらいで止まってくれるかな?

餌は栄養満点のヤギミルクをまぶしてたっぷり与えちゃってるけど。




IMG_4312.jpg


こうやって見るととても良好な関係に映るけど、一緒に放した時の様子からは寄り添って寝るなどまだ夢のまた夢。

いかんせん豆太がもっと大人にならないと。きっとまだまだ先だね。




にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびと豆太にポチッとな💘

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村
  1. みやび&豆太
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
豆柴の定義 :: 2023/12/24(Sun)

豆太には血統証書があって、そこでの名前は『雲丸号』というのだそうだ。

親もその親もそのまた親にもこうした漢字の名前がついていて、それぞれには名前とカラーの他に体高も記載されている。

一般的に、柴犬はオスの標準が39.5、メスが36.5で、豆柴はオスが32.5、メスが30.5で、オスでも34を超えてしまうともはや豆とは言えないという。


ウサギの世界でも、ミニウサギが実際には全くミニではなくなってしまう現象があるように、豆柴の世界でも、豆じゃないやんということも往々にあるそうだ。

私自身としては、実は豆柴よりも、普通の柴犬の方が好みだったりする。柴犬の方が凛々しさが際立つし、顔と体の大きさのバランスもちょうどいいような気がして。

ただ、我が家はマンションで足音のことを考えるとできれば小柄の方がいいし、みやびに対してもあまり大きさが乖離するよりは同じくらいの方がバランスが取れるんじゃないかなと。

豆柴の世界では、ご飯の量を少なめにして成長を阻害させて豆を維持するケースもあるようだが、当然ながら私はそのようなことはしないし、ブリーダーさんも「うちはちゃんと食べさせて豆柴ですよ」と強調していた。

このブリーダーさんの売り文句が、他のブリーダーは3代前までしか豆柴認定されていないものが多いけど、うちはそれよりはるか前の代からずっと豆柴同士を交配させてきたのだと。



IMG_4308.jpg



確かに豆太の父の体高は29センチ、母は26センチという小型なかけ合わせ。祖母など24センチという子犬とみまがう背の低さだ。

血統表に記載されている14頭の最大でも30.5センチだから、この系統を引き継いでいるなら、豆太も成犬になっても豆のはずだがいかに…?




IMG_4278.jpg


相変わらずウンチは廊下でしたがる。くるくると回るそぶりを見せたら慌ててシーツを用意して、ウンチポジションに入ったら即座にその下に敷くという日々。外に出している時は、ウンチをするまで目を離せない。



IMG_4282.jpg


子犬は自分一人では生きていけないことを知っているから、一人にされると不安になってしまうのだという。

本当だろうか?

確かに、サークルの目の届く範囲に私がいる時は安心した様子で独り遊びしたり、寝ていたりするが、私が寝室に移動したりすると、くぅんくぅんと鳴く。

鳴く時というのが、ウンチがしたい時にもあるだけに、その時はすぐに撤去しなければならず監視していないといけないのだが、「寂しいよぉ」の要求鳴きの場合は徹底して無視を決め込まないといけないから、どちらか分からないのが悩ましい。

どんどん依存度が増してきているようで、早く自立心を持って欲しいと思う反面、こうやって自分を親?と思って慕ってくれる時が一番の至福なのかも?と思ったり。

でも、ずっと一緒にいることはできないのだから、やはり自立心をはぐくんで欲しいものだ。




普段はツンデレで、ツンの方が多いみやびのデレ度が増している。


IMG_4299.jpg


ご飯を節制しているからだ。

ここ数日はやかましいぐらいに鳴いていて、いっそのこと与えてしまおうとも思ったが、重度の肥満のキーワードを脳裏に呼び起こして私も耐えた。

今朝は豆太と一緒に遊ばせてかなり走り回っていたので少し多めにあげたが。

今のフードは気に入っているが、満腹サポート的なフードも探すことにしよう。そういうフードって食物繊維でお腹を膨らませるみたいね。人間と一緒だわ。




IMG_4301.jpg


豆太のサークルの前でみやびとこのように触れ合っていると、豆太はどんな気持ちなんだろうか。猫は嫉妬しやすいときくが、犬は別にって感じなんだろか。

でも、まだ依存度の強い子犬だから、内心は心穏やかではないかもしれんね。

本当は2匹を左右にはべらせたいけど、2頭が一緒になると追いかけっこになってしまってそれどころではない。



とりとめもなくダラダラと記してきたが、今日はメリークリスマスなんだよね。

だから何?といえばそうだけど、クリスマスが終わるとあっという間にお正月だし、月日の経つのは本当に早いなと。

昔は正月といえば本当に楽しみで、必ず「TVガイド」を買ってきて、これとこれは絶対に見るとマーカーを入れたりするのも楽しみで。元旦の『志村・所の戦うお正月』も大好きだったけど、もはや志村さんもいないし、そもそもTVはほぼ見なくなったしね。

昨今の政治家の裏金問題も、考えれば考えるだけ腹立つからテレビはニュースですら見ないようにしているけど、ネットの方からは情報が勝手に入ってきてしまうからやっぱり腹立つことこの上ない。

なんであんなことがまかり通っているのか謎すぎるし、この怒りをどこにぶつけたらいいのやら。



おっと、せっかくのクリスマスにイライラしたら勿体ない。

また、豆太を外に出して遊ばせるか。



にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびと豆太にポチッとな💘

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村
  1. みやび&豆太
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
豆太が子供と触れ合った :: 2023/12/22(Fri)

今日も豆太を抱っこ散歩に連れて行った。

というか途中まで抱っこだが、公園では普通に散歩。

道すがらいつもの老犬にご挨拶。豆太はその老犬には全く関心を示さないのだが、その時に話しかけてきたおばさんには興味津々。スリング(豆太を入れているバッグ)から出たがって、押さえる私の腕を爪で引っ掻く引っ掻く。どんだけ人が好きなんだ。



IMG_4286.jpg

《ピンぼけ》



公園には、小学3年生くらいの子らが5~6人いた。

あまり人間の子供は得意ではないのだが、YouTubeで犬の講師が言っていた。

「社会化のために、子犬の時にご自身のご家庭に足りない人との触れ合いをぜひ行ってください」と。

独り身なのですべて足りないっちゃ足りないんだが、友人には来てもらっているし、おばさんには話しかけられている。

よって、今もこれからも最も接触がなさそうなのが人間の子供。



IMG_4283.jpg



ということで、子供が近寄ってきたら触れ合ってもいいかなと思っていたら、豆太自身がグイグイと子供の方に近寄っていく。

リードが引っ張られて、首がぐえっとなって苦しいはずなのに向かっていく。

そうしたら、子供も「あ、犬だ」といった感じで好感触だったので、この際交流させてしまおうと豆太の好きなまま行かせたら、子供の足に前脚をかけてじゃれようとした。

これが子供じゃなくて犬嫌いな人だったら問題だろうが、子供だから笑って許してくれたようだ。


他の子どもが、「○○は犬に好かれてんな」などと言っていたが、その発言をした子供にも豆太は駆け寄っていった。

子供らは鬼ごっこみたいなことをしていたが、豆太もそれに交じる感じで子供たちを追い掛ける。

私も動かないと豆太の首がぐえっとなってしまうので一緒になって走ったが、豆太が急に方向転換して子供が豆太を意図せず蹴飛ばすようなこともあったので、そろそろお開きだなと抱き上げて公園を去った。


こわいもの知らずで人間にフレンドリーなのはいいが、先ほども言ったようにこれが犬嫌いな人なら大変。

しかし、赤ちゃんの豆太をどう躾けたらいいのかよう分からん。




豆太は最近訪れているその公園でおしっこもウンチもする。

ウンチをかたしている間もジッとしていられないので、別の場所に行きたがってまた首輪がぐえっとなっている。

本当に落ち着きがない。



IMG_4276.jpg



夜は日課となった家中散歩。疲れさせないと朝早くに起きてしまうから。

出られて嬉しいのか最初は走り回っていたが、ふとした時に床でジッとしている。

と思ったらあっという間におしっこ。よく見たら跡がついていた。昨日もここでしたようだ。トイレシートの全くないところで。

ウンチも相変わらず廊下でする。気づいた時は尻の下に紙を敷くのでいいけれど、留守番時の家内フリー生活など夢のまた夢。

成犬になれば便意や尿意も我慢できるようになって、外でしかしなくなるというが…



今日はトイレシートを嚙みちぎって、中の綿みたいのにまみれて、細かな粒子状の粉が体について大変だった。

ブルゾンの裾を噛みちぎられて綿が出てしまったりもした。

ゴミ袋からお茶パックをくわえてパクパクしていて取り上げるのにも大変だった。

いろいろあった。本当に子犬のパワーはすごい。




一方、みやびはフードの催促がすごい。


IMG_4290.jpg


フードを控え目にしたら急に甘えん坊になったようだ。

今朝、目覚めた時には私の頬に自らの頬を摺り寄せてきたくらだい。

こんな甘え方はカムイですらしたことがない。さすがはメス猫のツンデレのデレ方。


しかし、みやびはフードを欲しがるくらいでお行儀がいい。

見た目通り上品で、最近はお姉ちゃんとしての自覚もついてきたようだ。

念のためまだ豆太との運動会はさせていないが、週末あたりからは一緒に遊ばせてもいいかなと思っている。


そういえば、豆太、今日はひと声も吠えなかった。これは成長。

柴犬の成犬を飼っている方も最初は大変だったが、逆に落ち着いてきた今は物足りないという。

そんなもんかな。

だから、今の子犬の時期を楽しもうと思う。



にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびと豆太にポチッとな💘

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村
  1. みやび&豆太
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
豆太備忘録と犬猫フードのこと :: 2023/12/21(Thu)

出勤前に豆太を家中で散歩させるのが日課となってきた。本当は外で発散させたいのだが、今時期の朝は寒いからね。

みやびが寝室にいたので、扉を閉めて豆太と遭遇しないように準備完了。みやびには術後3日は安静にしてもらいたいからね(あまり安静にしていないけど)。


豆太は既にサークル内の所定の場所でオシッコしたし、朝ごはんもあげていないのでウンチはしないだろうと、キッチンで諸々の用意しながら自由に遊ばせていた。

ただ、先ほどまでガサゴソと動き回る音がしていたのに急にその音が消えた。

嫌な予感…

果たして慌てて廊下に出ると、黒いソーセージ2本…

やられた。

サークル内ではキャンキャン鳴いて分かりやすいのに、廊下だと鳴き声ひとつあげずになんと素早い快便だことよ。

これはやっぱり廊下をトイレだと思っている。

幸いにも程よい固さでカーペットは汚れなかったが、一瞬豆太がくわえたりして今日も朝からドタバタだ。




午後、少し気温が上がってきた頃に散歩に出かけた。

鎖でつながれて昔ながらの飼い方をされている高齢の雑種犬に挨拶するのが日課となってきた。

いつもこの子は寝ている。

呼びかけるとむくりと起きあがるが、全く人生に楽しみがないような瞳をしているのだ。

それでも、こうやって日々挨拶をし、豆太用のおやつをおすそ分けしたりしてきたので、いくらか柔和な顔つきになってきた感じはする(数日前は吠えないまでも、うぅと唸っていた)。

この子の周囲には全く洗われた様子のない空の銀の皿が昨日と同じ位置に置かれていた。

エサはともかく、常に新鮮な水は常備してあげたいのにそれもないんだなー。

この悲しげな瞳を見ると、あまり良い扱いは受けていないのかなぁと思ってしまう。

※ちなみにこの犬は一般の家庭の犬ではなくて(それだと余計なお世話って話になってしまうので)、神社の鳥居のようなところに繋がれていて、誰が飼育しているのかもよく分からない状況なのだ。




その後、豆太を近くの公園で走らせた。

今日も好き勝手歩き回って全く言うことを聞かない。

段差のあるところや他の犬の糞のあるところに行かせたくないので、その時はリードを動かないように保持するが、豆太は「リード邪魔ー、行かせて~」といった様子で切ない鳴き声を上げる。

そうはいっても行かせるわけにはいかないが、豆太も頑固で自らの首が締まる状況なのに、禁断の方向に行こうとして、終いには喉がぐえっとなっている。

何度かぐえっと嗚咽のような鳴き声を発したので、かわいそうになって、もう今日は帰ろうと抱き上げて帰宅(帰りにまた高齢犬にご挨拶)。


子犬の散歩に関してYouTubeでは、好き勝手行こうとした時にはあえて行かせず、リードが緩んだ時には自由に歩かせるようにするとか、常に人の横で名前を呼んでおやつをあげて、人の横にいるといいことがあるように思わせるなど講習していたが、リードを保持すればぐえっとなるまで抵抗するし、名前を呼んでも全く耳に入っている様子はなく、足元の落ち葉の方に夢中だ。

まだ赤ちゃんだから仕方ないとはいえ、どんな感じでトレーニングしていったらいいのやら。

今のところ、外に出ての収穫は、高齢犬と遭遇しても全く物怖じせず、すました様子でいることぐらい。




みやびと豆太のフードについて

みやびには、ロニーというフードを与えている。



IMG_4265.jpg



カムイと暮らし始めた頃もそれなりにいいものを与えたいと思っていたが、当初はホームセンターでも手に入る、国産の少しだけお高いものだったが、初めからヒューマングレードクラスのものを与えておけば…と後に後悔したので、みやびの場合は、初めからいろいろ調べて、品質やコスパを考えてロニーにした。今のところ私の選んだ自信作だ。

特徴は穀物なし、新鮮な鶏肉を主体に41種類の良質な原材料を使っていて、原料にはたくさんのベリー類やアマニ、スピルリナなども入っていて、下手な人間の食品よりも栄養価が高い上に安心素材。

これを与えているからかは定かではないが、みやびは一度もブラッシングをしたことがないのに、毛艶はツヤツヤで触り心地も抜群。

みやびが来た当初は、まだ幼かったせいもあってか、カムイの手触りにはかなわないな…と思っていたが、成長してゴージャスな毛質をまとった今は、まるでカムイと見まがうほどの手触りになった。剛毛の犬(豆太)を触った後に猫をなでるとより多幸感に包まれてしまうほどだ(笑)



IMG_4257.jpg


とはいえ、この食いつきの良いフードのせいで(?)、みやびが重度の肥満になってしまった可能性があり、品質は劣るが、ロイヤルカナンの満腹サポート的なものに変えるか思案中。

ただ、医師やブリーダーも推奨するロイヤルカナンだが、悪いものではないと思うが、私からしてみたらベストではない(小麦粉、コーングルテン、加水分解タンパクなど余計と思われるものが入っているため)。


とはいえ、食いつきが良すぎるばかりに、みやびは肥満…どうしようって感じだ。

今のロニーのままで量を制限するか。

飼い主がみやびの催促に耐えられるかどうかの問題なんだけど。



IMG_4255.jpg




ちなみに、ロニーの犬版のフードがウイリアムというもので、ブリーダーから買い取った業務用のロイヤルカナン(柴犬用)がなくなったら切り替えようと思っていたが、これもきっと食いつきが良さそうだから、豆太まで肥満になってしまうかも…の懸念もあってどうしようか迷い始めている。


IMG_4261.jpg



まぁ、そんなこんなで迷うのも結構楽しかったりするんだけどね。

やっぱり我が家に迎えた子には自分がベストと思うフードを与えてやりたいからね。

納豆と卵とイワシの缶詰が主食となりつつある飼い主よりも金がかかるわ(笑)



にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびと豆太にポチッとな💘

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村

先日紹介したトランポリン。音も静かでやっぱりお勧めなんだけど、跳び始めると必ずみやびが下にもぐるようになってしまった。
買ったばかりでゴムが切れることはないと思うけど、万が一のことを考えると恐ろしくて飛べないから、みやびの姿がない時に慌てて跳んでいるが、やっぱりさっきもどっからともなく現れてきて下に入ってしまった。



お勧めするけど、猫飼いには向かないかもね(笑)
  1. みやび&豆太
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
廊下にソーセージみたいなものが… :: 2023/12/20(Wed)

避妊手術後は元気がなくなり食欲が落ちると言われるが、みやびの食欲は落ちない。

いつもはツンのくせに、ご飯を求める時だけは、顔を摺り寄せてくる感じのデレを演じるのだ。

とはいえ、生後7か月の身で重度の肥満宣告をさせれてしまったのだから、これからは飼い主が厳しく律するしかない。



IMG_4247.jpg


術後も抗生剤を飲ませたり、エリザベスカラーや防護服等は一切不要。

これがこの病院を選んだ理由だが、お値段も良心的。19800円。

先日、豆太を連れて行った病院でみやびの避妊のことも尋ねたら37000円だから天と地ほどの差。

避妊手術の価格は医師が自由に決められるそうなのでその差も大きい。

ここの先生は、表面を縫い、皮下を縫い、更にその奥の筋肉のところも縫うという。

表面の糸は舐めているうちに自然と取れてしまうものらしく、皮下以下の糸は時間をかけて吸着されるという。

豆太のワクチンもこちらでお願いするつもりだ。



IMG_4244.jpg


豆太が一日何回吠えるか気にしているが、みやび不在の日は一度も吠えなかった。

しかし、みやびが帰還した時に興奮して2回ほど吠えた。

それでも、ワンワンワンと延々と吠え続けるわけではないので現状問題はないのだが、私としては、ひと声でも発したら失格となってしまう闘犬のように育って欲しいのだ(無茶言うな)

ひと晩空けた今日は、みやびといても吠えることはないし、みやびの方も、豆太の前で傷口のお手入れをするなど、やっぱりこの2頭は険悪という感じではないと思う。



最近、飼い主は5時前に起こされるので22時くらいに寝るようにしている。

なので睡眠時間は確保できているはずなのだが、今日は無性に眠いというか体調が悪かった。

体調が悪い時でも豆太の相手をしなければならず、みやびもメシくれーとまとわりついてくる。

これが一人で生き物を飼うということ。覚悟はできてたので泣き言は言わないが、早く豆太が落ち着いてくれないかなーとは思う(柴飼いに話を聞くと、3歳くらいにならないと落ち着かないらしいが)



IMG_4252.jpg


IMG_4251.jpg


だからというわけではないけど、2匹がこうして眠り、飼い主も椅子でうたた寝する時間がホッと安らげる時間だったりする。



今朝は5時前に、豆太のキャン、キャン、くぅん、くぅん、というような鳴き声が聞こえたような気がした。

これはさみしい時か、ウンチをしたい時の鳴き声だ。

さみしい時ならあえての無視だし(甘やかすと鳴けば来てくれると学習してしまう)、ウンチならトイレトレーがあるのでそこでしろって感じで、再び眠りに付こうとしたのだが、なにやら廊下でバタつく様子を感じた。

5時になっていたので仕方なく起床したら、廊下にみやびと豆太。


IMG_4250.jpg


えっ、豆太?


どこからか再び脱走したようだ(もう5回目くらい)。

鼻を入れる隙間があると、ぐいぐいと顔から体を押し込んで強引にサークルの隙間から抜け出してしまうようだ。

今回はサークルとサークルを止めてある洗濯バサミを自ら外したらしい。子犬だからといってあなどれない。

100均でクリップを買ってきて補強した。



そして、廊下のカーペットには、黒いソーセージ状のものが2本…

さっき切なく鳴いていたのは、サークルの外でこれをしたかったのか。

幸いにもティッシュでスッと取れる程よい硬さのウンチだったし、食い散らかした形跡はなかったので、その点は成長だが。


サークルの中にもトイレトレーを置いてあるのに、もはやサークルが家となっていて、家の中ではウンチしたくないということか。

綺麗好き、潔癖な柴犬あるあるらしいが、廊下をウンチの場とされると困るんですがね…

今さらながら廊下(玄関)にもトイレトレーを置いてみたがどうなりますやら。



そういえば、ウン話ついでに申し上げると、今日、私自身も仕事後に急に便意を催した。

なんとなくまだ持つなと思って、スーパーに寄ることにしたのだが、思ったよりも急に便意が強くなり、寄らずに直帰すれば良かったぁと思いつつ、不自然な姿勢でスーパーに駆け込んだ。

いや、気持ちは駆け込んでいたが、実際には腰をかがめたおかしな姿勢で、その歩みは足の悪いおじいちゃんより遅かっただろう。


何とか間に合ったが、本当に便意がある時というのは、もうどこでもいいからしたいー!と思ってしまって、豆太が便意を催した時にキャンキャンと切なく鳴く気持ちが分かった次第。

豆太もどうにも我慢ならなくなって、本当はサークルの中ではしたくないのに最後は諦めてするのだろう。

まぁ、豆太の場合はちゃんとトイレを用意してあげているんだからそこでしろよって話なんだけども(笑)



にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびと豆太にポチッとな💘

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村


今日、外で少し豆太を歩かせてみたが、好き勝手なところに行こうとするし、タバコの吸い殻をくわえようとするし、まったくハンドリングできないんだけど、これって犬飼いの皆さんは最初はどうしたんだろうね。飼い主の横に並んでお行儀よく闊歩する夢の散歩生活はほど遠い…
  1. みやび&豆太
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
みやびが避妊手術から帰還 :: 2023/12/19(Tue)

みやび、本日夕方に無事に我が家に帰る。


IMG_4239.jpg

《帰宅直後》



病院を訪問した際の医師の様子を見て滞りなく終わったのだなと分かったけど、医師から「この子、ちょっとびっくりしちゃったんですけどね」と言われてドキッとした。

何かあったのか?!


すると、医師曰く、「麻酔して開腹したら、とにかく脂肪がすごくて普通の子猫の3倍くらい。重度の肥満


思わず、「えっ!!!」と言ってしまったわい。


確かに避妊手術前は栄養をつける時期と思って、欲しがるだけ与えていたけど、まだ7か月で重度の肥満なんて…

医師「このままだと肝臓病になって長生きできないからカロリーの低い餌に変えてください」と。


オペ後は食欲がないと思いきや、帰宅後のみやびはいつも通りフードにがっついた。

もちろん量は少なめに。今後は欲しがっても与えず規定量より少ないぐらいに節制してもらうよ。

そういえば、みやびのフードは豆太もめちゃくちゃ欲っする。器に何も入っていないのに舐めまわしていたくらいだからね。

ヒューマングレイドのお高めのフードだから嗜好性が強いのかもしんないね。

いま、豆太にはロイヤルカナンを与えていて、これがなくなったら、みやびフードの犬版に替えようと思っていたけど、重度の肥満という言葉を聞いてどうしようか迷ってきたわ。



IMG_4241.jpg

《痛々しい…》


そういえば、医者から、「お腹を開いたら普通は筋肉なのに、みやびは贅肉で覆われていた」んだと。これが長毛種マジックだよね。。。確かに毛を剃られた今、ちょっとたるんで見えるわ。

なんてことを呑気に言っていられるのも、オペが無事に済んだから。

みやび、よく頑張ったぞ。これからはダイエットを頑張ろうな。



【豆太備忘録】

最近、おしっこを所定の場所でしない時がある。今日は3回くらい。どうしちゃったんだよ。廊下でウンチも一回…。これでは家内フリー生活は夢のまた夢。みやびは帰宅直後に自分のトイレでしっかりできたというのに。

今日も抱っこ散歩。近所の外につながれている高齢犬はまた怯えて近寄ってこない。犬って普通好奇心が強いから嫌でも近寄ってきそうなのに、野良猫のように一定の距離を保っている。豆太も特に反応なし。

豆太はバイクや自動車の音にも動揺する様子を見せない。それはいいんだが、人とすれ違うと暴れてスリングから脱出しようとする。おばさんが話しかけてきた時など、そのおばさんの方に首を伸ばしてしきりと行きたがった。それを制する時に爪で引っかかれるのが痛いんだわ。

我が家に飼い主以外の人が来た時も、サークル越しに立ち上がって熱烈歓迎するので人間が好きなんだろうか。逆に飼い主が帰宅した時はちんまり座っていることが多い。これは、私の方も大げさに「ただいまー!」などと接せず、あえてシラーっと対応しているからというのもあるのだろうか。そうしないと留守番のできない分離不安の子になってしまらしいので。

今日の病院で豆太の2回目のワクチンをお願いしようとしたら、1回目から一か月後にうつより、生後90日経ってからの方がいいと言われ、1月になってから打つことにした。それまで散歩は行けないのですか?と問うたら、今はどの犬もワクチンを打っているから病気に罹る可能性は少ないし問題ないとのこと。そういうもの?だったら明日から散歩させていいのか。

ワクチン2回目打つまではシャワーはしないでって。シャワーで冷えて下痢になるケースが多いとのこと。早めに慣れさせたいけど、そういうもんなんだ。柴犬は自然と爪が削れるから爪切りもしなくていいとも言っていた。爪切り苦手だからそれなら助かるけど、犬の爪って結構鋭いんだよね…




IMG_4237.jpg


犬がスリッパ好きなのは本当だった。


IMG_4234.jpg


ホコリを吸着したきったないスリッパを…



IMG_4227.jpg


いかにもいたずら坊主って感じの顔だね。




にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびと豆太にポチッとな💘

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村
  1. みやび&豆太
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
みやびの避妊手術と豆太のこと :: 2023/12/18(Mon)

本日、みやびの避妊手術。

朝からご飯の催促を交わすのが大変だった。

昼前に病院に向かうため、キャリーの中にみやびの好きなおもちゃを入れたらすんなり入ってくれたが、なんか罠にはめたようで罪悪感…

マンションの廊下を下る時からただならぬ気配を感じたようで、いつもの可愛らしい声ではなく、聞いたこともない野太い声で鳴いた。

運転中は鳴く気力も失せたようで、キャリーの中でただ震えていた。

「大丈夫、大丈夫だよ」と念仏のように唱えかけても、不安なものは不安だよなぁ。


ただ、この様子を見て、みやびは本当にストレスがかかるとこんな風になってしまうんだなと。

だから、今はやんちゃな豆太に手を焼いている感じはあるけど、ストレスというよりは仲間としてじゃれ合っているのかなとも思ったり。少なくとも豆太に自ら近寄るみやびはこんな怯えた様子ではないから。


手術は子宮と卵巣いずれも取るという。卵巣のみ切除でも病気に対する効果は一緒らしいから、卵巣だけにして欲しかったけど、土壇場で先生にそんなことは言えないからお任せするしかない。

その代わり、この術後、術後服やエリザベスカラー、抜糸のための再通院も必要ないからそこは妥協しなけえれば。



IMG_4125.jpg


ひと晩、小さなケージの中で不安に過ごすなるだろうけど、明日には無事にお迎え出来る予定。

避妊によるデメリットとして、太りやすくなることがあるので、今後はしっかり節制していかないと、これは飼い主の努め。



豆太については、初めての育犬について思ったことを備忘録的に徒然なるままに記していくことにする。

柴犬というのは防衛反応が強いらしく、下手すると、飼い犬でも食べている途中でちょっかいを出すと、牙をむいて怒ることもあるという。豆太にはそんな習慣を身につけて欲しくないので、今のうちからご飯を食べている時に話しかけたり、手からフードを与え、人間の手は奪うものではなく、与えるものだよと思わせるようにしていた。

そうしたら、今日は少しだけ食べて餌を残して何やら待機してやがる。残しておけば私が手から「どうぞ」と与えることを知っているから待っているのか?

その甘えた考えもそれはそれで問題なので無視していたら、ほどなくして自ら食べに行き完食。犬ってそういう賢さあるんだなと。



午後に時間が取れたので抱っこ散歩へ。

近所に繋がれた犬がいることを思い出しそこで犬と遭遇をさせることにした。その犬はよく見たらかなりの高齢のようで寝ていた。犬小屋に名前が記されていたので、その名を呼んだら、「ん?」といった感じで目覚めた。

高齢なので吠えたりしてこないだろうし、豆太の初めての犬体験にはちょうどいいと思ったが、その犬の方が後ろに後ずさってしまった。かすかに尻尾は振っているものの、何やら怯えているらしい。2ヶ月半の子犬に怯えるなや(笑)

豆太の方は何も分からん感じでボーっとしていた。吠えずにいられていい子、いい子と褒めといた。

その後、シェルティを散歩させている方とすれ違った。その時も吠えず。向こうも吠えず。またいい子、いい子。褒めて伸ばす。


IMG_4222.jpg



今朝、トイレの場所にウンチが落ちていた。食わずに落ちていた。嬉しい。でも、1本しかなかったな。いつもソーセージくらいの2本くらいするんだけど…(^^;


ウンチ前に悲痛な鳴き声を発して、サークルから出たがる豆太。

初めのうちは、ウンチ前はお尻や腸がむずがゆくて鳴くという説なんだろうと思っていたが、サークルから必死に出たがるのは何故だろう。


IMG_4223.jpg


いまはケージだけでなく、サークルも自由に行き来させていて、サークルが自分の家という認識があるのなら、自分の家ではウンチをしたがらない綺麗好きな柴犬が外で用を足したいと思っているのかも? 実際、サークルを出して家の中を散歩させている時、廊下にウンチをしたことが2回。

でも、おしっこは写真の左上のトイレでだいたいしてくれるのになぁ。ウンチは別なんかい。いろいろ謎。



YouTubeで、猫90匹の多頭飼い飼育崩壊というのを見た。そうしたら関連動画で犬が100匹以上になってしまった例なんかも出てきた。なぜそんな増えてしまうまでほおっておけるのか不思議だわ。

正直いって、犬一匹迎えただけで、家の中が獣臭くなった。猫ではない臭いが犬には確実にある。だから消臭元のほかに空気清浄機も買った。

それはともかく、そんな多頭数の犬が躾もされない状況で野放しになっていても大丈夫なんかね。私など一匹でも四苦八苦しているのにさ(笑)

でも、私の場合は、我が子はきっちりしっかり優等生に育てたいという思いが強すぎるというのもあるかもしれない。あまりギスギスぎちぎちにやってしまうと、犬も朗らかに成長しないというので、その辺は良いバランスでいくように努めているのだけど。

割と私の両親がそういうタイプの人間で、自分も「こうあるべき」「ねばならない」のいわゆる常識人の精神で育てられたから、自分が子(犬)育てをする時にもその地が出てしまうのかもしれないね。

でも、今となっては、そういう凝り固まった考えは嫌いだから、やっぱりのびのび、それでいて締めるところは締めていく感じで育てていこうかなと思っている。

今のところ、お座り、ハウス、おいでくらい。全部、おやつで釣っているから身に付いてはいない(笑)




にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびと豆太にポチッとな💘

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村
  1. みやび&豆太
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
豆太についての雑感を徒然なるままに :: 2023/12/17(Sun)

最近、豆太に首輪とリードをつけて家の中を散歩させている。
散歩というかリードを手から離して自由にさせて、行ってはいけないところに行きそうになった時だけリードで押さえるといった感じ。

リードを引きずりながら走り回るので、そのリードに興味を示したみーちゃんが追い掛ける構図があると思ったら、急に豆太が方向転換して、今度は豆太がみーちゃんを追い掛ける構図になったり。


外に出た豆太は、いつの間におしっこしていたり、廊下でうんちをする。

うんちをする時はだいたい分かるので、即座にペットシーツを尻下に敷いて事なきを得るが、この状況ではフリー飼いは難しい。

サークル内にいる時はたいてい指定の場所で出来るようになったけど、外ではしゃいでいる時にその場所に戻ることなど不可能に近い。

まぁ、柴犬は外でトイレの習慣がついてしまうと、家の中ではしないというし、最終的にはそのスタイルになるのかなぁと。

そうなると、雨、雪、台風、竜巻の時でも外に出さないといけないとのことだが、例えばベランダに人工芝でも敷いたらそこでしてくれないのだろうか。



IMG_4198.jpg



先日、豆太を車に乗せて、近くの公園に行ったのだが、車の中で、生あくびを何度もするし、はぁはぁと息遣いが荒くて、後で調べてみたらこれは犬にとっての緊張、ストレスのサインだと。

10時間もの間、クレートの中にいて岡山からやってきた豆太なので、車には強い子と思っていたが、クレートのような狭い空間に入れておいた方が良かったのかもしれない。

その時はスリングという、カンガルーの抱っこ袋のようなものに入れて運んでいたので落ち着かなかったのかもしれない。

車に乗せずスリングに入れて抱っこ散歩をしていても、脱出しようとするので結構大変。落ちたら命に関わるからね。

YouTubeなどではワクチン前に抱っこ散歩を推奨されていて、その例で登場する子犬は大人しく抱っこされているのに、豆太はとにかく落ち着きがない。



IMG_4190.jpg



先日、消防管理の方が訪問した際、サークルに前足をかけて尻尾を振って興奮し始めた豆太。

担当の方も思わず「かわいい」と言ってくれたが、別の部屋に向かう時にみやびに遭遇したようで、「あ、猫もいる」と少々驚かれた。

思わず「いろいろいてすいません」と謝る必要もないのに言ってしまったが(笑)

その時の豆太の様子から、豆太は非常に人が好きでフレンドリーなタイプの柴犬なのかなと思ったり。

柴犬は主人に忠実がゆえに、他人には心を開かないタイプも多いようなので、このまま陽気に朗らかに育って欲しい。

ただ、嬉しさのあまり、いつもは出来ている指定の場所以外でうれしょんをしてしまったのは参ったが。



IMG_4148.jpg



豆太は初日から夜泣きも少なく、おぉ、これは自立心の強い頼もしい子だ!と思ったのだが、最近になって依存心が出てきたようで、私が姿を消すと「くぅん、くぅん」と切ない声で鳴くようになった。

甘噛み矯正のために、噛んだ直後にケージに戻して姿を消すという方法を取った時などは尚更鳴くので、これは効いているなと思って心を鬼にして鳴きやむまで姿を現さないようにしているのだが、最近では、そういった躾の一環ではなく、単に私がトイレに行った時などもたまに鳴いている。

ケージやサークルの中にいても、常に私がいる傍側に来る。テレビ(YouTube)の操作をしようとテレビの方に移動すれば、寝ていたのにわざわざ寄ってくるといった感じだ。

飼い主のことを慕ってくれている、頼りにしてくれていると思えば嬉しいのだが、留守番はどうしても必要なので、早く独り生活にも慣れて欲しいのだが。

みやびを姉として認識し、みやびの存在が寂しさを紛らわせてくれたらとも思うが、みやびは気まぐれで、豆太のいるリビングに設置してあるお気に入りの透明カップに入っている時があると思えば、私の寝室のベッドの上に行ってしまうこともあるので、そううまくはいかない。

まぁ、私が居なくなったとしても、ワンワンや遠吠えのような鳴き方はしていないので、その点はまだいいのだが、今後悪化しないことを願う。



IMG_4202.jpg



豆太の写真が寝ているところが多いのは、写真を撮りたくてもすぐに寄ってきてしまって止まってくれないので、必然そうなってしまうのだ(笑)

あとは写真よりも動画の方を多めに撮っている。豆太とみやびのトムとジェリーの様子をうまい編集でYouTubeに流せば人気になるかなーなんて思うのだが、今のところその予定はない。

カムイがいるかなり昔からYouTubeには何も編集せずに投稿だけしていたことがあって、当時から先駆けユーチューバー(?)だったんだけど、どうにも編集技能とかないしね。



月曜日はみやびの避妊手術。朝からご飯の催促がすごいので、それをスルーしなければならないのがつらい。
そして、みやびのオペ後の豆太の家中散歩はどうしようかと。みやびは安静にさせないといけないし、豆太はそんなの構わず追い掛けたりするし、場合によってはみやびの方から接近したりするしなぁ。


IMG_4157.jpg


その後、鼻くそは取っていないが、あまり付かなくなってきた。目やには付くが、取るとストレスになるのでほったらかし。

何にせよ可愛く成長してくれているなぁと思う飼い主なのである。




にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびと豆太にポチッとな💘

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村


早く豆太を外で散歩させたいわ。みやびにオペをお願いする病院で、豆太のワクチンのこともお願いしようと思っている。前回のワクチンが11/22だからそれ以後に。間もなく。そうしたら思う存分、外で走らせてエネルギーを発散させてやれるなと。
  1. 豆太
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
CAT vs DOG :: 2023/12/14(Thu)

みやびと豆太が急接近中だ。


IMG_4162.jpg


最初の頃は、豆太がみやびに向かって吠えることがあり、その点が今後どうなるか心配だったが、もはやみやびがいるのが当たり前の状況と受け入れたようで、だいぶ吠えることが少なくなってきた。

それに伴いみやびも積極的に豆太に近づくことが多くなり、先日などは自らサークルに降り、さらには豆太のケージの中にまで入ってしまった。



IMG_4167.jpg


縄張り意識の強い柴犬の豆太もこれに応戦して、「僕の家から出ていけー」と言わんばかりに幾度か吠えたが、みやびの黄金の右手から繰り出される猫パンチひと振りで一蹴されていた。



IMG_4170.jpg


みやびからしたら、この家の主は私という自負でもあるんだろうか。「城を守り切ったわ」という満足気な表情をしている。



IMG_4173.jpg


豆太からしたら、誰、この人?ってな感じであろうが。



後日、豆太にリードを付けてを家の中で散歩させてみたが、新しい環境の方に興味深々でみやびのことなど気にならない様子。

たまに、みやびに気づいてはしゃぐ感じで突進していくが、それもまた猫パンチで一蹴である。

猫には黄金の爪と空中戦という武器があるので、やんちゃ坊主より一枚上手と言った感じだ。



IMG_4180.jpg


当初は、神経質で気の弱かったみやびのことを心配していたが、新たな新入りに対して満更でもない様子で対峙しているし、時間をかけていけば仲の良い相棒になってくれるかも…という希望を抱き始めている。




にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびと豆太にポチッとな💘

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村
  1. | trackback:0
  2. | comment:2
商品レビュー(キャットタワー) :: 2023/12/13(Wed)

豆太を迎えるにあたって、みやびの逃げ場確保のためにキャットタワーを導入した。

避妊手術のデメリットとして、肥満もあるようなので、遅かれ早かれ導入予定だったので良いきっかけだった。

はじめに購入したのは下記のキャットタワー。





私が天井までの高さをしっかり確認しなかったのもいけないのだが、高さがありあすぎて、うちの天井には収まりきらなかった(別段低い天井ではない)。

その上、足場が猫にとって不親切な配置なので、かなりアクロバティックにゃんこでないと、うまく上がれない印象を持った。

足場は位置をずらせるのだが、ずらしたとしてもうまく登れない感じだったし、猫が力を入れて蹴ったりすると動いてしまったり、台自体がぐらついた。

こんな理由で返品が可能か分からなかったが、試しに返品してみたら返金されたようだ(未確認)。

アマゾンさん、こういうところはスマートでいいよね、だからその後も次々ポチってる(笑)



改めて購入したのは下記のキャットタワー。


IMG_4149.jpg




最初に購入したものより多少お値段は張るが、それでもキャットタワーの中では安価な部類なのではないか。

これは、とてもいい!(そう思わなければあえて紹介はしない)

爪とぎの麻のところ以外は木でできているので、猫の毛がキャットタワーのもふもふに絡みついて掃除が大変ということがない。

さらに、壁際に設置すればほぼぐらつかず安定感がある。組み立ても完成形を見ながら作れば簡単。

唯一気になったのは、台座のところが木で滑る可能性があるので、私は100均で階段の滑り止めのようなものを買ってきて、切り張りした。



IMG_4150.jpg


何よりこの透明なハンモック(?)がいい。

みやびも気に入って良く入っているし、ここから下の豆太の様子を余裕の観察。


以上、ジャパネットmaruoでした。



にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびと豆太にポチッとな💘

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村


豆太をスリングに入れて抱っこ散歩に出かけた。

すれ違いざまのおばちゃんが「あらーかわいいー、柴?」と声をかけてきたので、今こそ社会化!と思ってトークしようと思ったのだが、そのおばちゃんの声にびびったのか、急にソワソワしだしてスリングから出たがり、下手したら抱っこからも脱して下に落下する勢いになってしまった。

その後も落ち着きがないく、「きゅうん」と鳴くので、抱っこ散歩はわずか5分で終了。
帰宅してサークルに戻したらウンチした。

そういえば、いつもウンチ前に「キャン!」とか鳴いて落ち着きがなくなるのだが、その時の感じに似ていたので、もしかしたら急にもよおしたのでジタバタしたんだろうか。だとすれば、スリングの中に漏らさなかっただけ偉いが。

それとも、おばさんに声をかけられて急に緊張してもよおしてしまったのか。その辺は定かではないが、行ける日は抱っこ散歩を課していきたいと思う。
  1. アフィリエイト
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
豆太に社会化を身につけさせるために :: 2023/12/12(Tue)

豆太は黒柴だが、その両親は赤柴(一般的に柴犬と呼ばれるカラー)だ。

両親だけでなく、その両親(4頭)も赤柴、さらにその4頭の親犬8頭のうち、7頭も赤柴という。

3代前まで遡っても、黒柴は一頭しかいないという奇跡(なのか?)の子!

みやび同様に、豆太も、私が引き取りを希望しなければ、ブリーダー宅に残すと言われた逸材(ホントかよ)。



IMG_4144.jpg



ただし、そのブリーダーは、「この子は大人しい、食が細いかもしれない」とも言っていた。

現実は、全く大人しくなく(やんちゃすぎるほど)、食についても問題ない。

それはそれで良かったが、初めて子犬を育てる者が、「このまま利かん坊だったらどうしよう…」という懸念は私も感じ始めている。


『名犬ラッシー』でコリーにあこがれ、『コメットさん』に出てくるシェパードに羨望のまなこを向け、『白い戦士ヤマト』という犬漫画では秋田犬への興味もつのった。

これらに出てきた犬はみなご主人に忠実で、幼い子供ながらに犬とこんな生活をしたいと思ったものだ。



IMG_4147.jpg



ちなみに、『白い戦士ヤマト』の作者(高橋よしひろ氏)は、週刊少年ジャンプで『銀牙-流れ星』という作品も著しているが、私は断然、『白い戦士ヤマト』派。

これはヤマトという秋田犬が闘犬として成長していく様を描く作品なのだが、私は主人公よりもそのライバルを好きになるタチなので(『キン肉マン』で言えば、キン肉マンよりもウォーズマン、アシュラマンといった風に)、この作品でも主人公のヤマトより、ライバル犬だった土佐犬の太郎丸(必殺技スイングサークル)、土佐王(42の必殺技を持つ高知の大横綱)、青嵐(その土佐王とすら引き分けた青森を代表する横綱)らが好きだった。

あぁ、また読みたくなってきちゃったよ、犬漫画の傑作だよこれは。

ちなみに、主人公のヤマトがめちゃくちゃかっこいい犬だったので、秋田犬ってすごくかっこいい犬なんだと思っていたが、後年、秋田犬をリアルで見た時に、体は大きいけどボンヤリした感じの印象でヤマトのイメージとはかけ離れていたので、ちょっとがっかりした記憶がある(笑)



IMG_4148.jpg



でもって、豆太に話を戻すと、今のやんちゃ過ぎる状況を見るにつけ、とてもじゃないが、ラッシーやヤマトにはなれないどころか、全く言うことを聞かないやんちゃ犬に育ってしまいそうなので、近々、パピー教室というのに参加してみようと思っている。

早いうちに他の犬と触れ合うことで社会化を身につけさせることが目的だが、何気に4000円くらい掛かるので、たっか!と思うのだが、躾に関するアドバイスももらえそうなので、一度くらい行ってみてもいいかなと。

ちなみに、今の豆太に関する問題点

・食糞(これは自分のいる時にしかしないのですぐ撤去できていると思う。知らぬ間に食ってる説あり)
・甘噛み(手を噛んだ瞬間に「いたっ!」と言ってケージに戻して姿を消す、そして数分後にまた戻ってケージから出すをお試し中)
・元気すぎて抱っこどころか首輪もできない、ハーネスなんかもっとできない(装着の簡単な首輪は無理やり何とか。でも噛まれる)
・吠え(これは少ない方。吠えた時にはその瞬間、パチン!と手を叩いて驚かせて気をそらせるようにしている。多分みやびが居なければほぼ吠えない)
・みやびとの関係は焦らず徐々に。みやびがそばにきても、吠える回数は減ってきたような気はする。

書き出してみると、まぁ、子犬ならこのくらいあるかなって程度なんかな。長時間ではないとはいえ留守番もできているし(多分)。


社会化のため、2~3回抱っこ散歩に出たけど、飼い主が話しかけるなオーラでも発しているせいなのか、誰も「あーかわいー」といって寄ってきて話かけてくれないから社会化が身につかないという…

まぁ、外の景色や車の音などを聞かせるだけでもお勉強にはなっていると思うけどね。

4000円のパピー教室に通わなくてもいいように、我が家にきて豆太と触れあってくれる方を募集したいくらいだよ(特典:みやびとも触れ合える可能性あり)。

カムイと暮らしている時にはカムイのストレスになるから、誰も家に入れたくないと思っていたけど、その育て方が余計にカムイを人見知りにしてしまったんかなぁ。



IMG_4141.jpg

こうして寝ている時が一番かわいい。

友人に普段もかわいいじゃんと言われて確かにそうなんだけど、寝ている時が一番純真無垢だからね。

一時は、名前「ムク」も候補に上がったくらいだし(笑)



にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびと豆太にポチッとな💘

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村
  1. | trackback:0
  2. | comment:7
みやびの避妊手術決定 :: 2023/12/11(Mon)

猫の避妊手術について、しない方が賢明という説はどこをどう探しても見当たらなかったので、みやびの将来を考えてオペの決断を下した。

できることなら生後半年までにするのがベストらしいが、5月10日生まれのみやびはまだ7カ月だし、適齢期なんじゃないかな。


IMG_3170.jpg


こんな小さかったみやびも、もうお赤ちゃんを産める体に成長したんだなぁ。猫の成長は早い。

あの臆病で神経質だった地蔵猫が今や爆弾坊主(豆太)にちょっかいを出す淑女にまで成長した。



IMG_4125.jpg


幼い頃からインスタなどで美人さんともてはやされてはいたが、子役から大人の女優への脱皮は非常に難しい。その9割が消えるといって過言ではない厳しい世界(それは芸能界の話)。



IMG_4127.jpg


みやびは子役のイメージそのままに、立派なレディーに成長できたんじゃないかな。



IMG_4131.jpg


フードや水はみやびファーストにしていても、豆太をしっかり躾けなければとの思いが強く、日々の関りはどうしても豆太の方が多くなる。



IMG_4132.jpg


その代わり、寝る時だけは、みやびと水入らずの時間。たとえ豆太がくぅんくぅんと鳴いたとしても、そこは無視しないといけない。

普段は相変わらずツンデレなことが多いみやびも、この時間ばかりは甘えてきて、飼い主のそばで床に就く。



避妊手術は、オペ後に再訪する必要のない自然に溶ける糸で処置してくれるところにした。

全身麻酔のリスクがゼロではない以上、不安もあるが、将来の不安を取り除けるのなら一時の我慢。

ひと晩お預けになるけど大丈夫かな。



にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびと豆太にポチッとな💘


人気ブログランキング
  1. | trackback:0
  2. | comment:3
徐々に接近するみやびと豆太 :: 2023/12/10(Sun)

みやびが大胆になってきた。


IMG_4108.jpg


我が家に来た当初、地蔵だったくせにこの大胆さはどこから来るか。

足場が細く、たまに踏み外しそうになるのでヒヤヒヤ。もしサークル内に落ちたら、縄張り意識の強い柴犬がガウガウするんじゃないかと。



IMG_4112.jpg


まだこうしてどっしり落ち着いてくれている方がありがたい。

が、これに気づいた豆太がしきりととびかかる仕草。みやびはみやびで猫パンチで応戦しようとする。喧嘩なのかじゃれ合いなのか。



IMG_4114.jpg


実は昨晩、いつの間にサークルの隙間から豆太が脱出していて、サークルの外でみやびと豆太が横並びという事態があった。

その時は、みやびは逃避するでもなく、豆太は、「あれ、出られちゃった、ここはどこ?」みたいなキョトンとした雰囲気だったので何も起きなかった。私も慌てて豆太を確保してサークルに戻したしね。


実は、触れ合えないから意識するけど、意外と一緒にしたら大丈夫なんじゃないか?との感触も。

かつて、カムイをウサギ部屋に入れまい入れまいと、ネットなどを張って躍起になればなるほど入りたがって鳴いていたが、諦めて入れることにしたら、意外にも互いに何事もなく自然に過ごしていたから。

とはいえ、一緒にするのはまだ当分先。豆太をフリーにするのもトイレが完璧になってから&散歩ができるようになってから。



IMG_4119.jpg


みやびの避妊手術についても真剣に検討の時期がきた。

一時はやらない選択も考えたが、その選択を取った方の経験談が一切ない。やはり飼い猫はすべきなのかと。

ただ、みやびにエリザベスカラーなどは装着させたくないので、装着しなくても良い埋没法という処置をしてくれる病院を探している。




IMG_4107.jpg



日中はみやびも豆太もうつらうつらしていて穏やか。これが夜になってくるとにぎやかになってくるんだよな。


豆太には隙をついて無理やり首輪した。本当は付けたり取ったりする方が良いらしいけど、ひとまずつけっぱなし。今日は抱っこ散歩に行こうと思っているので、一応、首輪&リードが必要だからね。


豆太のワクチン1回目はブリーダーがやったけど、散歩ができるのはあと2回もしてからとのこと。

飼い主がワクチン嫌いだから、そんな必要なんか?と思ってしまうけど。犬コロナ必要と?

ブリーダーさんは割と自然派で、去勢反対、ワクチンも2回目はしたくないなら不要と言っていたけど…

犬の持つ自然の免疫力に期待したいところはるけど、どうなんでしょ。




にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびと豆太にポチッとな💘


人気ブログランキング


コメントでのアドバイスありがとうございますm(__)m
  1. | trackback:0
  2. | comment:2
食糞💩 :: 2023/12/08(Fri)

最も懸念していたみやびと豆太の関係


IMG_4085.jpg


徐々に距離は詰まっているように感じるが、これは豆太がまどろんでいる時。



IMG_4087.jpg


これは豆太がおもちゃに夢中になっている時。



IMG_4091.jpg


これも仲良さげに映っているが、何気に一触即発か?


豆太がきた当初は、あの大食漢だったみやびの食が落ちていたので心配したが、今ではこうして自ら豆太に近づく余裕が出てきたし、食欲も戻ってきた。

ただ、みやびの近づき方というのが、ダッシュして駆け寄ってパッと逃げる、いわゆる追いかけっこに誘う時のパターンが多くて、これをやると豆太も興奮してサークルの中を右往左往して駆けまわり、時に吠えるからたまらない。


まだ来て一週間だし、これから仲良く穏やかに過ごせるようになるんだろうか…

ただ、仲良くなったとして一緒にさせたとしても、日常の追いかけっこはすごいことになりそな予感。豆太をサークルから出すのは早くても散歩で発散させられる状況になってからだなと。


IMG_4073.jpg


しかし、犬を迎えて猫がいかに楽(というと御幣があるが)なことかと痛感する。何も教えないのにトイレのしつけができているというのが素晴らしい。

犬はそうはいかないし、悩みの種は食糞。

子犬は食糞すると獣医にも言われたが、豆太の自身の糞に対する執着ときたら…

いつも💩をした直後に片していたのだが、YouTubeではあえて片さず「ダメ!」としかる方法や、獣医からは💩をした直後におやつを与えて、💩よりもおいしいものがあるんだよと教えてあげたらいいとのことだった。

そこで、今日はその方法を試すべく、した後にすぐに撤去はせず、パッとおやつを顔前にかざしたが、全く見向きもせず自身のブツを素早くくわえた!

思わず発した「ばかっ、だめっ!」という言葉も全く耳に入らず、ガバッと体を抱えあげて、ようやくそれが口からポロリと落ちた(幸い健康な固さ)。

しかしまぁ、おやつよりもブツを求めた執着心に呆れるやらこの先が思いやられるやら…


また、サークルに飼い主が入ると狂ったように暴れて(ジャレてきて?)首輪の練習なんてとてもじゃないができない。

外で散歩している犬はみんな何事もないように首輪をしているけど、犬飼いのみんなはこんな大変なことどうやってクリアしてきたんだ?

ブリーダーに尋ねても、慣れればするはずですよくらいしかアドバイスしてくれないし…




IMG_4049.jpg


みやびは飼い主と豆太のサークル内のドタバタをシラーッと眺めている感じ。


ま、このやんちゃ坊主をどう躾けていくか、立派な成犬になった時の姿を夢見て楽しみながら頑張っていきますか。





にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびちゃんにポチッとな💘


人気ブログランキング
  1. | trackback:0
  2. | comment:3
子犬がやってきた :: 2023/12/03(Sun)

岡山から東京まで9時間のロングドライブ、さらにはそこから埼玉まで1時間余り。合計10数時間以上もの間、キャリーに閉じ込められた状態で我が家に子犬がやってきた。


IMG_4042.jpg



ケージに出した直後は後肢がプルプルしていたので、ずっと同じ場所にいて足が痺れてしまったんだろうか…お疲れ様でした。


子犬は日に20時間近く寝るというが、そんな疲れた後のはずだというのに、この子はケージに入った直後からおもちゃをカジカジしたりしてなかなか寝ようとしない。

着いてからほどなくして💩もしたが、出した直後のそのブツを食糞しようとしたので慌てて取り除こうとしたものの、近くにティッシュのたぐいがなくて、あー手でつかむしかないんか、どうしたらいいんだよーみたいな感じで、ドタバタと初犬飼いの洗礼を受けた。

その後、ご飯を食った後にまた💩

え、犬ってこんなに連続して何度もすんの?と思ったけど、キャリーの中でずっと我慢していたのかもしれないね。改めて長旅お疲れ様。



たまに甲高い声で鳴いて、ほぼ鳴かないというブリーダーさんの言葉に偽りありと思ってしまったが、環境も変わったし、どうやらみやびの存在も気になった様子。

みやびはみやびで警戒しているし、馴染ませるのにちょっと時間はかかりそうな予感がするけど、辛抱強くやっていくしかない。


287BC0D8-BC64-43CD-A999-052C40F91522.jpg

こちらは犬が来る前におくつろぎの様子



犬の名前は、しばらく暫定で趙雲子龍からいただいた「シリュウ」だったけど、迎える当日になって改めて反芻すると、どうしてもピンとこないというか言いにくいというか、ちょっとキザじゃね?って感じもして、迎える途中に改めて降りてくるのを待った。

すると、「大吉」という名前が降りてきた。先日、氏神神社でおみくじを引いた時、大吉が出たこともあるし、何とも縁起がいい。和犬だし、和な感じもいいんじゃないか?

ただ、博多大吉だったかそのような方がいたような気がするし、大吉ってのもちょっと呼びにくいかなと。なら、ダイキチを省略して「ダイチ=大地」はどうだ。呼びやすいし、いいんじゃないか。鈴木大地はいるけど、金メダリストだしあやかる分にはちょうどいい存在。

ということで、「大地」に決まった。


その名前を携えてブリーダーさんと対面したところ、マイクロチップの登録の際に仮名を付けていたらしく、それが「黒小豆太郎」だった。

読み方としては、「クロアズキタロウ」なのかもしれないが、その中の「豆太」という漢字を見て、あっ、なんかいいかも…と思い、土壇場で、大地から「豆太(まめた)」に切り替わった。

もうそれで呼んでしまっているので暫定ではなく決定。



IMG_4037.jpg


ということで今後はみやびに加えて豆太もよろしく。



にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

みやびちゃんにポチッとな💘


人気ブログランキング
  1. | trackback:0
  2. | comment:7