FC2ブログ

独身リーマン&猫一匹




忘れてはいけないこと :: 2020/01/07(Tue)

ブログを通じて知り合ったバーマン友のバーマンさんが☆彡になったとの知らせを受けた。
年齢はカムイと同じ14歳。

カムイと同じだからまだ若いのに…なんて一瞬思ったけど、猫の平均寿命は諸説あっても13~14歳というのがあらかたの通説。バーマンに関しては心疾患なども多く、それより早いという話を聞いたこともある。

~ネット記事より引用~
平均寿命は10~13歳とされていますが、10歳を越えるとシニアになりますので、加齢による疾患も起こりやすくなります。尿結石や腎不全、関節炎などは高齢になると起こりやすい疾患です。


うぎゃー((((;゚Д゚)))))))

見なければ良かった。。。


IMG_3803.jpg


カムイに関してはその説は当てはまらないと信じたい。

事実、すでに14歳を終盤も迎えながら、体調に異変はなく、バロメーターであるウンに関しても、飼い主以上に整った形をしていることがあるくらいだ(笑)

頻繁に食べたフードを吐いてしまうことはあるが、これは昔からで、戻した後にケロッとしていることが多いので、急いで食べてしまったせい…と考えているのだが。


写真のように、この時期のカムイは必ず飼い主のベッドにやってくる。

というか、最近では飼い主が寝室に行く前からベッドの上に鎮座していて、まるで暖をとっていてくれているかのごとしだ(実際、猫のいた場所ってあったかいよね)。


14歳になってもこのあどけない表情は我が家に迎えた時そのままだ。

しかし、その時我が家にいたグレ、マル、チャーリー、レーさんという4匹のウサギたちはとうに天国に召され、ここ数年はまさに独身リーマン&猫一匹状態で暮らしてきた。

そして、当時は、「これから10年以上よろしく頼むぞ、相棒よ」と幼いカムイに投げかけた言葉が今は虚像となってしまう。

あと何年カムイと共に過ごせるのか…という現実が差し迫ってきていることを、猫友のバーマンさんが亡くなったことで、実感せざるを得ない。



IMG_3800.jpg


ただ、以前からこのブログでも書いてきたが、人生には必ず別れがある。

だからこそ、人間は人を愛し、動物を愛するのだろう。

心配や不安におののいている暇があるなら、カムイとの今を大切にすることを優先せねば。

カムイのことを心配するなら、今年80歳を超えた両親ともあとどれだけ共に過ごせるのか…という話にもなる。

あえてそういうことは考えないようにしてきたが、そこから目を背けず、そうした大切な人たちとの今を大切に過ごすしかない。

そもそも自分自身にもどんな現実が降りかかってくるかも読めないのが人生だ。


大切な人たちが当たり前のように存在する現実を当たり前とは思わないこと。これは絶対に忘れてはいけないね。




人気ブログランキング
スポンサーサイト



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:5