FC2ブログ

独身リーマン&猫一匹




老いは誰にも訪れるもの :: 2022/04/04(Mon)

カムイの17歳の誕生日に超久々にブログを更新したら懐かしい方々からコメントをいただいた。

気まぐれでブログを訪れてくれたのか、あるいは神(カムイ)のお告げでもあったのかは分からないけど、まだ繋がりがあって当時のやり取りを思い出したりして嬉しくなったよ。



IMG_0304.jpg



そんなわけでまたカムイの元気な様子を定期的にお伝えできればとも思ったけど、実は最近、17歳を迎えたカムイにめっきり老いを感じるようになった。

少し前までは人間の腰くらいまであるキッチンシンクに飛び乗る跳躍力を見せていて、ブブカもびっくりなカムイだったんだけど、最近は飛ぼうとしてもうまく飛べないことも多くなってきた。自分では飛べると思ってジャンプしているんだけど、体が追い付かないのか前足こそ台にひっかけるも体全体を乗り上げることはできず、そのまま落下なんてことも…。そういう時に見せる決まずい表情を見るのはちと切ない。

動きもめっきりスローになったし、帰宅した時に玄関に迎えにくる率も以前は99%ほどだったのに、今では90%くらい(しかも今まで寝てましたといった様子でのっそりと)になってきた。

何より気になるのはカムイの視力がかなり劣化しているのではないかということだ。もともと視力のよくない猫とはいえ、以前なら眼前に指やら物を持っていけばパッと反応してそちらに視線をやっていたのが、最近はその反応も鈍い。

吐き戻しは以前からあるし、食欲はまずまずでうんPもかりんとう。水もよく飲んでいるし病気という感じではないのだけど、そうなるとやはり防ぎようのない自然現象(老い)ということになるのかな。



IMG_0346.jpg



カムイと暮らし始めた頃にブロ友だったお宅の猫の訃報を聞くことも多くなってきたし、そりゃ17歳(人間換算84歳)ともなれば若者のようにはいかないよなぁと思いつつ、少し前まではこの感じなら20歳までは余裕と思えていたのが、最近では先々確実に起こりうる事態も考えておかなければ…と思うようになってきた。

かつて暮らしていたウサギのレーさんが、平均寿命を大きく超えながらも元気で若々しい容姿を保っていたので、「うちのレーさんだけは特別だい」なんて思っていたら、ある日からガクッと衰えあっという間に逝ってしまったことを思い出す。




IMG_0337.jpg



とまぁ寂しい内容の更新でなんだけども、こういう状況だからこそカムイとの日々を大切に過ごそうと思うのだ。

愛猫が逝ってしまった後に、もっとこうしてあげられなかったのか…と後悔、懺悔の念にかられる飼い主さんは多いし、その気持ちは分かる。

が、その後悔をしないために、今カムイのためにできることを出来る範囲で愛情持ってやっていくつもりだ。もしもの日(とはいえ生あるものに必ず訪れる日)が来たとしても、「ごめんね」ではなく「ありがとう」と言って送り出せるように。




IMG_0121.jpg



ま、こんなことを言っておきながら、まずは18歳、そして19歳、20歳と老いたなりのカムイと過ごせることを願っているし、そうなるように努めていくよ。

自分だって明日にはどうなるか分からない人生、まずは一日一日を大切に。




人気ブログランキング
スポンサーサイト



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
カムイが17歳になりました :: 2022/02/19(Sat)

ご無沙汰の更新。
久々すぎてログインパスワードを失念して再発行したぐらい(笑)

それでもカムイの誕生日(2月19日)には更新しようと思っていた。
もう17歳。


IMG_9642.jpg



17年前のあの日、横浜のブリーダーさん宅から迎えたカムイは、移動の車中でもずっと鳴き、我が家(今の実家)に移動してからもずっと鳴いていた。

そして、最近、自分がパソコン作業をしていると、これまたずっと鳴くようになってきて、老年になりながら赤ちゃん返りしているようにも見受けられる。


IMG_9526.jpg



猫の17歳は人間年齢でいえば84歳だそうな。幸いカムイは見るからに老いたという容姿はしていない。確かに以前ほどの快活さはないが、それでも人間の腰ぐらいあるキッチンの高台にぴょんと飛び上がる跳躍力を備えているし、脚腰はまだ頑強なようだ。


病院への訪問も最初の必須の注射時以外は一度しかない。長毛種の宿命として、げーげー吐くことはあるが、おかげ様で健やかにここまで育ってくれた。

これもひとえにカムイ自身の身体能力に依るところもあるのだろうが、比較的寿命の短いバーマン(心筋症などが多くネットでは平均13歳と出ている)にして、ここまで元気でいてくれるのは、まず運がいいということを前提に、自分の育て方も間違ってはいなかったのかなと思ったりもする。

何せ猫は初めてだったので手探りだったが、迎えた当初から心掛けていたことは下記の通りだ。


・ストレスを与えない(無理に構ったりもしない)
他人がくるとストレスになるので滅多に他人を家に入れないでいたら、両親がきてもすぐ逃げるようになってしまって(笑)、両親からは「かわいくないやつ」と呼ばれるように。もはや私も両親は呼ばない。ちょっと過保護過ぎたかも。

・餌と水は良質なもの
餌はヒューマングレイド(人間も食べられる食材)かつ無添加、肉食の猫にそぐわない穀物フリーのもの。少々お高いが背に腹は代えられない。
水は「バルーンパック(水の質が良くなるという謎の容器)」に入れた水、もしくは謎のヤカンで沸かしたまろやかな水(とにかく水道水はそのまま与えない)

・おやつを与えない
チュールなどは猫自身はその場では喜ぶかもしれないが、添加物も多いし、将来を見据えると与えるのは害でしかない。


ま、こんなもんかな。基本的なことしかしていない。あとは愛情を注ぐのみ。



IMG_9594.jpg


17年の月日といったら相当だよぁ。
初期からブログを読んでくれている方も私とカムイと共に歳を取るわけだ(笑)

17×365日=6205日

このうち6200日くらいは、自分が帰宅するとカムイは必ず玄関の前に駆け寄ってきてくれた。
(ごく稀に来ない時は何かあったか?!と焦るが、だいたい熟睡している時)


IMG_9650.jpg



この習慣が今後もいつまでも続いて欲しいものだけど、そうならないことも分かっている。人間も動物も誰しもいずれ別れが訪れる。だからこそ今を感謝できるのだ。

17年経っても相変わらず『独身リーマン』の称号はそのままだったが、カムイはずっとそばにいてくれた。

嬉しい時はもとより、辛い時も悲しい時も、会社に対して不満がある時も、馬券でやられた時も、まぁ人生うまくいかないことの方が多いわけだけど、そのどんな時も、カムイは我関せずという感じで接してくれてそれが良かった。



IMG_9908.jpg


願わくばまだまだカムイとの生活が続きますように。

次の更新がいつになるかは分からないけど、インスタの方ではコンスタントに写真を挙げているので良かったらどうぞ。




人気ブログランキング

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:14
2021 明けましておめでとう :: 2021/01/01(Fri)

2021年も無事に迎えることができた。

ほったらかし温泉なみにほったらかされていたこちらのブログも、恒例行事として年末年始だけは更新せねばと昨日ログインしようと試みたら、IDとパスワードを失念してしまって入るのすらひと苦労。

なんとかログインできたら、こんなほったらかしでも、日々一定の方が訪問していることが分かった。半年ほったらかしても訪問してくれた皆さん、どうもありがとう。きっとカムイのことを案じてくれる優しい方々なんだろうね。そんな方にはカムイの抜け毛の一本でもプレゼントしたいところだけど、ひとまず更新でお返しさせていただくよ。



IMG_6948.jpg


まず2021年元旦のカムイ。

寝ぼけ顔でもこの端正な佇まいは我が子ながらさすがだよ。人間換算なら間もなく80歳にして品の高さは失われていない。じじい(わし)の寝ぼけ顔は見るに耐えないからね(笑)




2D3F75AD-0EBF-4A3F-897F-2EBA5F4C943B.jpg


丸まっちいこの佇まいにも癒される。年を取って高齢になると最後は赤子に戻るとも言われるけどまさにそんな感。でも、猫にはシミ、シワがないからいいね、毛もいくつになってもふさふさだし。




IMG_6813.jpg


おどけたこんな表情も乙なもん。この冬の期間は毎日同じベッドで寝ているよ。




IMG_6829.jpg


こんな凛とした佇まいを見ると、「パンジャ」という名前でも良かったかもなんて思っちゃうね。パンジャは言わなくても分かるよね。ジャングル大帝レオのお父さん。




さて、昨年は…


IMG_4796.jpg


ピースケが天に召されたよ。


ピースケと名付けられたものの、途中で卵を産んでメスだったことが発覚したピースケ。親父にベッタリだったね。

ちゃんと人間を見極めて、親父とそれ以外の人へのスキンシップの度合いが違った。こんな小さな小鳥でもしっかり認識するんだなと感心したものだよ。

ピースケが逝って親父も張り合いをなくしていたけど、自身の年齢を考えて、「さすがに次の子を迎えるのはやめる」と言っていたけど、何かをはぐくむという張り合いを失って一気に老け込んでも困るから、「親父が途中でいったらうちで引き取るから心置きなく次の子も迎えなよ」と半ば強引に次の子をプレゼントした。



IMG_6572.jpg


それがこの子で、今回はシルバー文鳥という品種だ。

この写真が確か11月20日くらいで、送迎中も壊れ物を扱うぐらい気をつかったね。こんな小さな雛でちゃんと育つかなって。




IMG_6911.jpg


育つもんだね。

これがおよそ一か月後の写真。だいぶ鳥らしくなって、父親も日々の子育てに忙しくしながらも楽しんでいる模様。

以前のピースケは親父にベッタリだったけど、この子はわしが実家に行った時などはやけにこちらにやってきてスキンシップをはかってくれる。自分を迎えてくれた者をしっかり理解しているようだ(餌付けも2回ほどやったしな)。

親父はちょっと面白くなさそうだけど(笑)


ちなみに、名前はピータ。

オス特有のさえずりを始めているので、今回は性別に合った名前をつけることができたと思う。色はまだ単色だけど、これから美しいシルバー色に変わっていくはずだから今後の成長が楽しみだ。





最後に自分自身の抱負を。


IMG_6715.jpg


これだね。


縄文人になりたい…じゃなくて、でもある意味そうかな。

最近は縄文時代に興味があって、各地の遺跡巡りを結構してきたけど、この時代の人たちって、現代のように人間関係のしがらみやら将来への不安やらを感じるよりも先に、とにもかくにも毎日を生きるために必死だったと思うんよ。

ただ本能のままに生きるというか。

今の時代、どうしてもいろいろ考えてしまうじゃない、打算や損得、先のことを考えすぎてしまうなど。

自分はそういう傾向が強いので、なるべく自分がやっていて心地の良いことを優先してやっていくというか、嫌なことはやらないというか、頭で考えすぎずに直感で生きるというか。まさに猫や鳥といった動物の生き方でもあるね。

言うほど簡単なことではないけれど、なるべくそう心掛けていきたい。



IMG_6723.jpg


そして原始に立ち返って、最終的にはこんな住まいで暮らせたらいいやね(これはちょっと嘘)





人気ブログランキング
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:11
2020 大晦日 :: 2020/12/31(Thu)

2020年も間もなく終わり、あと数時間。

今年がどんな年だったかと振り返ればいい年だったとも言えるし、最悪の年だったとも言えるし。

でも、なんだかんだ無事にこのブログを書くことができたということはやっぱりいい年だったんかな。

何よりカムイが今年も元気でいてくれたことがありがたい。これにまさる喜びはなし。



s-IMG_6936.jpg



世間的にも個人的にも辛いことの多かった今年だけど、世間の様相など知ったこっちゃなく、マイペースで接してくれるカムイの存在がありがたかった。


間もなく16歳を迎えるカムイ。バーマンの平均寿命はとうに超えている。

いることが当たり前のような存在であって決してそうではない。

毎年思うことだけど、カムイとの一日一日を大切に生きないと。

というか自分自身の一日も大切に。

2021年は変化の年にしたいけど、どうなるかなぁ。



皆さんも良いお年をお迎えください。

※カムイの様子は定期的にインスタグラムでアップしているのでそちらでチェックしてやってください。




人気ブログランキング
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
ストレスの波 :: 2020/06/18(Thu)

帰宅するとポストに封筒。

中を開けると…



s-IMG_5697.jpg


マンションの騒音に関するアンケートの結果であった。

なになに、1部屋を除く、全ての住人から回答ありと

…ってことは、犯人確定やん(笑)


どこの不届き者だったんだろ。

幸いこのアンケートが功を奏したか最近は騒音がなくなった。

そして、このアンケートには、私と同じようにかなり不満を感じている者、非常識な輩に恐怖を感じている者など、ほぼ常識ある方々の意見ばかりが並んでいてちょっとホッとした。

しかし、再び騒音がなった日には、このわしが許さんぞ。

というのの次の理事に選出されているからだ。理事の権限でこっぴどく叱りつけてやる。

でも、騒音を出していたかもしれないトンカチのようなもので殴りつけられたら恐いから、願わくばこのまま静かにしていてな(笑)




騒音から解放されて平和な日々が訪れた。


s-IMG_5688.jpg


となれば、カムイも平和な表情を見せる。




s-IMG_5689.jpg


人間らしい表情と言われることがあるが、確かに豊かな表情だ。

仕事中、つい仏頂面になってしまう飼い主なんかよりも豊かかもしれない(笑)




s-IMG_5690.jpg


夏がきて冬毛が抜ける=カムイのそばに衣類を置くのは禁物。

なのだが、このジーンズは油断して置いといたらていよく枕にされてしもた。

でも、カムイが飼い主のにおいに安心してくれていると思えば、毛の1本や2本、1000本でも1万本でもつけやがれってもんだ(笑)




s-IMG_5691.jpg


日中からカムイと過ごせたテレワーク時代は遠い昔。懐かしい。



テレワークが明けてから、会社のストレスがマックスに達してきた。

今の会社、かれこれ10年以上前から何度辞めたいと思ったか分からないが、その都度、その嵐のような時間を切り抜けて、束の間の平穏時期が訪れると、辞めてやる!という原動力にブレーキがかかり、いいのか悪いのかズルズルとこの年までやってきていまった。

嵐の時さえ切り抜ければ、それなりに居心地のよい会社なのが逆にやっかい…。

しかし、根本的な問題(会社やお偉方の姿勢)が解決しない以上、私の中の葛藤も永遠に解決はせず、もはや会社のために頑張るという気概も失せ、仕事として自分のやるべきことはきちんとやるけど、それ以上のことはしないという感じになってしまった。


そんな想いのまま仕事と割り切ってやりがいのない会社で勤め上げるか、はたまた別の道を探すか…

これがまだ30代ならあっさり辞表を叩きつけていたことだろう。

しかし、今の会社に入ったのが30代でそれまでに2~3の転職を重ねていた私は誓ったのだ。これが年齢的にもラストチャンス、この会社で最後まで頑張るぞ!と。


しかし、そんな想いも今となってはもはや風前の灯。

ま、とはいえ、辞めるにしても、もう少し先のことは見据えないとな。

いつも先のことなど考えず、自分なら何とかなると信じて猛進してきた私だが、年を重ねて50肩のような症状が出始めた今(笑)、今の自分で何とかなるのか?という感じになってきた。




そんなこんなでストレスのせいか胃腸の調子が悪く食欲がない。

私は毎週のように食い放題に通っていた頃でも体重は一切増えなかったが、食欲がなくなると一気に落ちてしまう。



s-IMG_5700.jpg


だから、多少無理してでも食う(本当は良くない)


本当は豚が一番好きなんだが、黒毛和牛があったので買ってみた。そして自作のナス、ピーマンと炒めた。

やっぱり豚肉の方がうまいことが判明(笑)



s-IMG_5701.jpg


以前、糖質制限をしていた頃、ご飯は食っていなかった。

ダイエット目的で糖質制限をする人は多いが、自分は健康のためで、元々太っていないので糖質を抜いて更に痩せることを心配したが、制限しても体重は変わらなかった。そして米などを食い始めた今も変わらない。

もはや私の体重は形状記憶合金のごとく20歳から一切変わらず、ウエストサイズもそのままで58キロ前後をさまよっている。

この理由さえ分かれば、「アラフィフおじさん痩身術!」などという情報商材を販売して荒稼ぎできるのだが(そうして会社に辞表を叩きつける)、理由が分からないから困った(笑)



さて、そんな嵐のような今週だったが、ようやく明日の出勤で一区切りだ。

今週は公民館の太極拳教室やテニスが再開。何気に感染者数は40人以上だが、なんとなく日常が戻ってきた(いいのか?)。

ひとまず今週末でパーッと発散してしちまおう!





人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへ
にほんブログ村

ポチッと押してもらえると更新の励みになります!
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ