FC2ブログ

独身リーマン&猫一匹




結婚は無理 :: 2020/01/26(Sun)

朝、鍼灸院に向けて出かける前に撮影。


IMG_4070.jpg


行ってくるよ、今日は寒いけど、
カムイはあったかいところ分かってんな。



できる限り病院には行きたくないから
鍼灸院でメンテナンスしてもらうんだが
保険が利かないから一回5000円と
保険の利く病院に比べると高い。

人間よりも素直で純粋な
動物の方が好きだったりするし、
(病んでるか?w)
今更、結婚願望もないんだけど、
もし鍼灸治療のできる奥さんがいたら
ありがたいんだけど…
などと不純なことを思いつつ帰宅すると…




IMG_4067.jpg


カムイはまだそこにいた(笑)




IMG_4068.jpg


平日もこうしてほとんどの時間を寝て過ごしているのだろう。




IMG_4069.jpg


いいさいいさ、
それが猫の性分、猫は寝る子でねこなのさ。

でもって、「昼寝邪魔するなや」って顔してんな(笑)



友人で婚活バスツアーに参加して
そのまま結婚した人がいるんだけど、
そんなにスムーズに行くもんかと驚いた。

結婚相談所みたいなものはどなんだろう。
自分はイケメンでもないし貯金もわずかだし、
強調できる点といえばマンションとカムイくらいだが、
こちらの要望として、「鍼灸師に限る」としたら…
まぁ、一生成立しないだろな(笑)




人気ブログランキング
ポチッと押してもらえると更新の励みになります!



☆☆☆ カムイ(♂14)の若さと健康の秘訣は食生活 ☆☆☆
★★★お勧めのキャットフードをご紹介★★★



高く感じるかもしれないが、原材料の質が違う。
肉食の猫に、米、小麦粉、トウモロコシなどの穀物が大量に入ったものを与えていませんか? 
草食のウサギに肉を与えるようなもんですよ。
さらに酸化防止剤やら赤色、青色何号とかいう着色料、これは問題外。
ペットフードに着色料…あり得ない。こういう会社は淘汰されてほしいが日本ではなかなか…
このあたりは消費者が勉強していいものが流通する世の中になって欲しいのですが。
猫はフードを選べないからこそ、できる限り良いものを選んであげたい。
フードジプシーとして彷徨った私が紆余曲折を経て現在のベストと思うのがジャガー

原材料
骨抜きチキン生肉・鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス、ジャガイモ、卵、サツマイモ、エンドウ豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、タウリン、DL-メチオニン、アルファルファ、エンドウ豆繊維、サーモンオイル、ミネラル類(アミノ酸水和物亜鉛キレート、アミノ酸水和物鉄キレート、アミノ酸水和物マンガンキレート、アミノ酸水和物第二銅キレート、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンC)、クランベリー、アサイー、ブルーベリー、マルベリー、リンゴ、トマト、オレンジ、梨、ニンジン、ホウレンソウ、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮ニンジン、緑茶、ショウガ、プロバイオティクス、L-カルニチン
成分分析値:粗たんぱく質40.00%、脂質20.00%、粗灰分9.00%、粗繊維3.00%、エネルギー約383.5kcal/(100gあたり)

原材料は分量の多い順に記載されるのだが、肉がメインの肉食動物のためのフード。余計な添加物も皆無ですな。



姉妹ブログ。競馬予想がメインだけど、旅行記みたいのも書いているので良かったらお越しやす。

なみへい見聞録


スポンサーサイト



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
クルミ好きの血 :: 2020/01/25(Sat)

ここ数日、何となく風邪のようなそうでないような…
昨日も少し寒気がしたのでヤバイと思ったし、
今朝になってもちょっと怠かったから、
しばらくカムイを湯たんぽにのんびりしていた。


s-IMG_4050.jpg



しかし、休みの日に呑気に寝ているのは
自分のサガではないのであえて出かけることにした。



s-IMG_4061.jpg


出かけたのはこちら。
氷川神社にいったついでに近くの博物館に赴いた。
「縄文時代たべもの事情」という催しが気になって。



s-IMG_4063.jpg


縄文人(笑)

狩猟や木の実を生活の糧としていたようだ。
クルミの化石がたくさん発見されたとか。

何を隠そう私もクルミが大好きで、
毎月アマゾンで1キロの定期購入を注文している。
今食べているクルミが5000年前にもあったとはなぁ。
そんなことを考えたら縄文人の血が
脈々と受け継がれていることを実感したよ(笑)



こちらは常設展の農家の模型。

s-IMG_4065.jpg

こんな家、理想だ~(笑)



明日はばあちゃんの墓参りいってこよう。
脈略のないブログ(笑)





人気ブログランキング

応援ありがとう


【カムイ(♂14)の若さと健康の秘訣は食生活】
ここ数年与えているお勧めのキャットフードをご紹介



一般的には高いのかもしれないけど、カムイには高くてもベストと思われるものを与えたいから高いとは思わない。
これで医療費のかからない余生を過ごさせてやれるのであれば御の字だ。

原材料は下記の通り
骨抜きチキン生肉・鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス、ジャガイモ、卵、サツマイモ、エンドウ豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、タウリン、DL-メチオニン、アルファルファ、エンドウ豆繊維、サーモンオイル、ミネラル類(アミノ酸水和物亜鉛キレート、アミノ酸水和物鉄キレート、アミノ酸水和物マンガンキレート、アミノ酸水和物第二銅キレート、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンC)、クランベリー、アサイー、ブルーベリー、マルベリー、リンゴ、トマト、オレンジ、梨、ニンジン、ホウレンソウ、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮ニンジン、緑茶、ショウガ、プロバイオティクス、L-カルニチン
成分分析値:粗たんぱく質40.00%、脂質20.00%、粗灰分9.00%、粗繊維3.00%、エネルギー約383.5kcal/(100gあたり)

原材料は分量の多い順に記載されているのだが、以前与えていたフードは、小麦粉だとかトウモロコシだとか、肉食の猫に相応しくない食品も多く含有されていたように思う。これは正真正銘、肉食の猫のためのごはんだ。


競馬中心だけど、以前にこのブログで書いていたような旅行記みたいのも書いているので良かったら。

別ブログ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
文明の利器 :: 2020/01/22(Wed)

前回、田舎暮らしに憧れている
なんて気安く書いてはみたものの、
例え資金があったとしても、
生半可な気持ちでは無理だと分かっている。
実際、自分はまだ生半可な気持ちだし…

昨日、書店で「田舎暮らしの本」なるものを立ち読みしたところ、
各地の物件が載っていて安いものでは200万円程度の物件も。

「お、これならいけるじゃん!」なんて思ったりもしたが、
とある一文を見て心が萎えた。

それは、トイレが 「汲み取り」 いう表記。

考えてみれば地方にはそういうご家庭も多いだろうに
失礼かもしれないが、もはや自分はウォシュレットなしには
ことをなせない尻の持ち主になってしまった。

昔は何の躊躇もなくそのまま拭いていたというのに、
一度あれを味わってしまうと、どうしても
ウォッシュしてから拭かないと気持ちが悪く…。

さらにトイレとは関係ないが虫が苦手。

田舎暮らし、今のマンション問題だけでなく前途多難(笑)



それにしても、文明の利器というのは、
一度味わうと後戻りできなくなるこわさがあるね。

ウォシュレットもそうだけど、
あとはやっぱりスマホ。本当に手放せない。
昔はスマホなんてなくても生活できていたのにな。
いいんだか、悪いんだかだよ。



IMG_1973.jpg



カムイをブリーダーから迎えた15年前。
スマホなど当然ない時代。

とある猫の本の連絡欄だかで
バーマンのブリーダーを見つけ、
少々緊張しつつも自宅の電話から連絡した。

その時はご縁がなくて、
2度目の電話で話が進んだように記憶しているが、
いずれにしても家の電話同士でのやり取り。
今の時代ではもうないね。うち電話ないし。


…って何の話からこうなった?(笑)


ま、カムイは15年前からずっと変わらずってことで。




人気ブログランキング

応援ありがとう


【カムイ(♂14)の若さと健康の秘訣は食生活】
ここ数年与えているお勧めのキャットフードをご紹介



一般的には高いのかもしれないけど、カムイには高くてもベストと思われるものを与えたいから高いとは思わない。
これで医療費のかからない余生を過ごさせてやれるのであれば御の字だ。

原材料は下記の通り
骨抜きチキン生肉・鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス、ジャガイモ、卵、サツマイモ、エンドウ豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、タウリン、DL-メチオニン、アルファルファ、エンドウ豆繊維、サーモンオイル、ミネラル類(アミノ酸水和物亜鉛キレート、アミノ酸水和物鉄キレート、アミノ酸水和物マンガンキレート、アミノ酸水和物第二銅キレート、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンC)、クランベリー、アサイー、ブルーベリー、マルベリー、リンゴ、トマト、オレンジ、梨、ニンジン、ホウレンソウ、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮ニンジン、緑茶、ショウガ、プロバイオティクス、L-カルニチン
成分分析値:粗たんぱく質40.00%、脂質20.00%、粗灰分9.00%、粗繊維3.00%、エネルギー約383.5kcal/(100gあたり)

原材料は分量の多い順に記載されているのだが、以前与えていたフードは、小麦粉だとかトウモロコシだとか、肉食の猫に相応しくない食品も多く含有されていたように思う。これは正真正銘、肉食の猫のためのごはんだ。


競馬中心だけど、以前にこのブログで書いていたような旅行記みたいのも書いているので良かったら。

別ブログ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
先走る妄想 :: 2020/01/21(Tue)

夕飯はブームのオムレツが続いてしまっている。


IMG_4045.jpg


“しまっている”といっても、
自分的には非常に満足度の高いメニューで
仕方なく作っているわけではない。

安い・早い・うまい。

どこぞやの牛丼チェーンの売り文句ではないが、
遅めの夕飯になりがちな独身男飯には
何とも都合のよい一品だ。
卵が好きなので飽きもない。

以前は長芋を入れていたのだが、
最近はたっぷりとシュレッドチーズを乗せて、
この日はチリメンジャコなども入っているので、
折りたたまなければピザのような仕上がりだ。

卵をシャカシャカ溶いてから焼いたりしている間に、
サツマイモ(男は断然ベニアズマ)を蒸し器に入れておく。



IMG_4048.jpg


オムレツの調理が終わり、さらに食い終わる頃には、
サツマイモも出来上がっている。

このメニューなら、田舎で烏骨鶏を飼い、
芋畑があれば何とかなりそうだ(いや甘いw)



最近、以前にも増して田舎暮らしに憧れているが、
その時にネックとなってくるのが今の住まいである。
一応持ち家ではあるのだが、だからこそ、
これを手放して新たな住まいを求めるのは勇気がいる。

もともとカムイと暮らすために、
ペット可のマンションを情報をしらみつぶしにして
見つけたいわくつきの物件だ(だから安かった)。

そして今となっては、カムイの傷物となっている。
資産としては暴落しているだろうし、売ったとしても数百万。
その前にリフォームしたら利益は薄利。
どうしたものか。悩ましい。

そして、結局なにも動かない。
ま、今の生活も悪くはないしなと。



IMG_1062.jpg


それにカムイにとっても住み慣れたこの家がいいだろうしな。


それにまずは貯蓄せなあかん。
財力もないのに妄想ばかり先走っている今日この頃(笑)





人気ブログランキング

応援ありがとう


【カムイ(♂14)の若さと健康の秘訣は食生活】
ここ数年与えているお勧めのキャットフードをご紹介



一般的には高いのかもしれないけど、カムイには高くてもベストと思われるものを与えたいから高いとは思わない。
これで医療費のかからない余生を過ごさせてやれるのであれば御の字だ。

原材料は下記の通り
骨抜きチキン生肉・鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス、ジャガイモ、卵、サツマイモ、エンドウ豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、タウリン、DL-メチオニン、アルファルファ、エンドウ豆繊維、サーモンオイル、ミネラル類(アミノ酸水和物亜鉛キレート、アミノ酸水和物鉄キレート、アミノ酸水和物マンガンキレート、アミノ酸水和物第二銅キレート、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンC)、クランベリー、アサイー、ブルーベリー、マルベリー、リンゴ、トマト、オレンジ、梨、ニンジン、ホウレンソウ、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮ニンジン、緑茶、ショウガ、プロバイオティクス、L-カルニチン
成分分析値:粗たんぱく質40.00%、脂質20.00%、粗灰分9.00%、粗繊維3.00%、エネルギー約383.5kcal/(100gあたり)

原材料は分量の多い順に記載されているのだが、以前与えていたフードは、小麦粉だとかトウモロコシだとか、肉食の猫に相応しくない食品も多く含有されていたように思う。これは正真正銘、肉食の猫のためのごはんだ。


競馬中心だけど、以前にこのブログで書いていたような旅行記みたいのも書いているので良かったら。

別ブログ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
バーマンの魅力 :: 2020/01/19(Sun)

元はバーマンの魅力を
広めることを主旨としたブログである。

だが、いまだバーマンは
日本ではあまり広まっていないようだ。
その希少性こそが逆に魅力でもある。
さすがにビルマの神秘の猫。

日本のペットショップでは、
バーマンに似たラグドールは
見かけるが、バーマンを見かけたのは
過去に一度しか見たことがないからなぁ。


それはさておき、バーマンの魅力のひとつは、
犬のような猫と形容されるような人懐こさだ。
確かに私が帰宅すると必ず玄関に迎えにきてくれる。
これは一緒に暮らした14年間ほぼ毎日のことだ。

たまに来ない時など、
何かあったのでは?と慌ててしまうが、
そういう時はどうやら熟睡していたようで、
おっとりがたなで寝起きの表情のまま駆けよってくる。
意地らしい(笑)




s-IMG_3994.jpg


もうひとつの魅力はこの吸い込まれるようなブルーアイだ。




s-IMG_3995.jpg


夜の撮影だと目立たないが、
昼間、瞳孔が開いている時はブルーアイが映える。




s-IMG_3997.jpg


なぜこんな色なんだろう。
宝石より美しいではないか。

時に疲れて死んだような目になっている
己の瞳を恥じ入るくらいだ(笑)




s-IMG_3998.jpg


目も綺麗だが何気に鼻も高いな。
共に暮らすペットは飼い主に似るというが、
我が家の場合、それは当てはまらないようだ(笑)





人気ブログランキング

いつも応援ありがとん!


【カムイ(♂14)の若さと健康の秘訣は食生活】
ここ数年与えているお勧めのキャットフードをご紹介



一般的には高いのかもしれないけど、カムイには高くてもベストと思われるものを与えたいから高いとは思わない。
これで医療費のかからない余生を過ごさせてやれるのであれば御の字だ。

原材料は下記の通り
骨抜きチキン生肉・鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス、ジャガイモ、卵、サツマイモ、エンドウ豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、タウリン、DL-メチオニン、アルファルファ、エンドウ豆繊維、サーモンオイル、ミネラル類(アミノ酸水和物亜鉛キレート、アミノ酸水和物鉄キレート、アミノ酸水和物マンガンキレート、アミノ酸水和物第二銅キレート、ヨウ化カリウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンC)、クランベリー、アサイー、ブルーベリー、マルベリー、リンゴ、トマト、オレンジ、梨、ニンジン、ホウレンソウ、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮ニンジン、緑茶、ショウガ、プロバイオティクス、L-カルニチン
成分分析値:粗たんぱく質40.00%、脂質20.00%、粗灰分9.00%、粗繊維3.00%、エネルギー約383.5kcal/(100gあたり)

原材料は分量の多い順に記載されているのだが、以前与えていたフードは、小麦粉だとかトウモロコシだとか、肉食の猫に相応しくない食品も多く含有されていたように思う。これは正真正銘、肉食の猫のためのごはんだ。


競馬中心だけど、以前にこのブログで書いていたような旅行記みたいのも書いているので良かったら。

別ブログ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:5
次のページ